約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

China Power

昨晩LLMの一部を集めてMIXER(簡単な立食パーティーのようなもの。知り合うことが主目的なので食事もごく簡単なオードブルのみです。)がありました。
当ロースクールLLMのInternational Studentは、数が多い順に
e0036628_117357.jpg
①日本
②中国(台湾を除く)
③スイス
④ドイツ
(以下省略)
となっているようで、昨晩も中国人の留学生と話す機会がありました。

この手の会合やパーティーでは政治の話とセックスの話は控えたほうがよいと何処かで読んだ記憶があるのですが、このルールにちょっと抵触するかなとは思いつつも、前々から疑問に思っていたことを聞いてみました。

それは、ずばり、

「人口10億人の国でどういうバックグラウンドを持った人間がアメリカの東海岸のロースクールに留学できるのか??」



1人目は北京から来ている女性で、LLMが終わったらNY州司法試験を受けずに北京に帰るとのこと。母親が事務所を作ったばかりなので手伝うらしいです。彼女はNYには人生の休暇(vacation)で来ていると生意気なこと言っていましたが、愛国心が強いようで、「中国での暮らしは日本やアメリカ・ニューヨークとぜんぜん変わらないわよ」と言っていました。「でもfree speechはないだろう?」とちょっと意地悪なコメントをしたところ、「いやそんなことはない。大学の教授は現体制を批判しているし、街頭で自分の意見を言うことくらいできるわよ。」と反論されました。今年の前半には日中間にはいろいろありましたので「ほんとかいな?」と思いましたが、それ以上は突っ込みませんでした。

2人目は北京から来ている30代後半くらいの男性で、20人ほど弁護士を抱える事務所のパートナーをしているとのことでした。「中国社会はどんどん変わっているんだ、中国の法律も変わっているんだ、官僚や国営企業の子弟しか留学できないなんて10年前の話さ」と言われました。「中国政府は共産主義をいつ捨てるのか?」と聞くと「中国は資本主義の国だよ、ただ、今までとまったく違うことを政府が言うには時間がかかる、あと20年は必要だ」と笑っていました。e0036628_8294791.jpg
パートナー弁護士ということもあってか、「お前の事務所の売り上げはいくらか、そういうランキングは日本にはないのか、日本の事務所の形態はパートナーシップなのか、お前の事務所は弁護士は何人いるのか」(*後記注参照)といった質問を受けました。

3人目は上海から来ている女性で、アメリカ系の法律事務所の上海オフィスで何年か働いていたようで、LLMが終わったらNY州司法試験を受けて同事務所のNYオフィスで研修するとのこと。これは彼女に限りませんが、中国人や台湾人はファーストネームを、例えば、ジョンとかトムとかキャサリンとかサラとか名乗っています。

あと、昨日はいなかったのですが香港から来ている女性は、イギリス系の法律事務所の香港オフィスで2年働いて留学に来て、LLMが終わった後は「NYで自分をestablishしたい」と言っていました。「僕は戻る」というと「なんで?」と理解できないような感じでした。中国の中でも、香港では、イギリス統治下にあった名残か、司法試験に受かった後3年間研修しないとqualifyされないようなので、彼女はまだ1年研修しなければならず一度は戻るようです(北京や上海は1年の研修で足りるようです)。彼女の母親は医者のようです。彼女にも「こんなに市場経済にコミットしているのにどうして共産主義を捨てないだろうか?」と聞いたことがあるのですが、「さあ?あれは宗教みたいなものだから」と返されました。

という感じで話してみたところ、私が想像していたような「共産党幹部の子弟」みたいな人には会うことはありませんでした。私は中国からはるばるアメリカの東海岸まで法律を勉強しに来るなんて特権階級に違いない、と想像していました。
もちろん国費派遣の官僚もいるとは思いますが、貯金(でも貯めるって言っても元はドルに対して強いんでしたっけ?それとも事務所からは外貨で給料もらっているのか?)、奨学金やローンでファイナンスして留学に来ている人が多いようです。e0036628_8345485.jpg
「アメリカのような資本主義の権化みたいな国に人を送り込んで、そういう人たちが(言ってみれば)資本主義や民主主義にかぶれて帰ってきて中国政府は不安に思わないのか?」という質問については、1人目の女性は「そんなことはない、むしろ海外に行くことは奨励されている、借金をしていないのであれば戻ってこなくても何も問題はない」と答えてくれました。

中国人それぞれの立場で見方は違うのでしょうし、イデオロジカルな問題も厳然と存在しそれはそれで根深いのだとは思いますが、政治的に国がどう考えようが自分はこう生きるという、何というか、たくましいあるいはしなやかな生き方が印象的でした(ジョセフ・ナイのいう「ソフト・パワー」とは違いますが、「ソフト・パワー」という表現がぴったりくるような気がします)。
こういうところに投げ込まれると自分はちっちぇーなーといつも反省します、はい。

日本に戻る前に一度、近くて遠かった中国を見てみたい(見る必要がある)と思いました。

*なお、「お前の事務所は弁護士は何人いるのか?」とよく聞かれるので「うーん200人くらいかな、日本で一番大きいんじゃないかな」と答えたら、「別の日本人も自分の事務所が一番大きいといっていたわよ」「そういえば、彼も同じことをいっていたぞ」と鋭い指摘が。。。(苦笑)競合他社のみなさん、「one of the ・・・」という表現で行きましょう、ね。
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-14 08:33 | Law School