約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

南米滞在記3 Back to Big Apple

ということで、ひとまず帰ってきたニューヨーク。海外旅行なんて本当に久しぶりだった。
南米滞在記1 Mucho gusto, BUENOS AIRES!
南米滞在記2 Oi , Rio de Janeiro!

リオのホテルで読んだ朝日新聞にあったコラム。記者は、ニューヨーカーは、店舗においてある万引き防止用ブザー(例えば、本屋では他の店で買った本にも反応する。)と地下鉄での無差別手荷物検査に、どうして反対しないのかと疑問を提起し、アメリカの安全・治安を理由に納得し沈黙する自由の都市・ニューヨークの何かが変わりつつあるのではないかと結んでいた。

e0036628_13122555.jpgブラジルからの帰りの飛行機は、リオからサンパウロ、サンパウロからJFKという航路。
リオではチェックインカウンター前にすでに長蛇の列。チェックインする乗客一人ひとりに、航空会社社員がインタビューしている。
「電子機器はお持ちですか」「あなたはそのデジカメ・パソコンをいつ購入しましたか」「空港内であなたの荷物は誰が持っていましたか、他人に荷物を預けませんでしたか」「免税店以外名で何か物を買いましたか」大要、こんな質問を全ての乗客にしている。搭乗口でもなかなか乗客が飛行機の中に収まらないなあと思ったら、同じインタビューをまたやっている。

e0036628_13124220.jpgサンパウロでも、JFK行きの便の搭乗口でまたまた同じインタビュー。
年末年始でテロを警戒するのは分かるけれど、少しやりすぎではないかという気がしないではない。そもそも、そんなインタビューしたところで正直に話すテロリストがいるのか。ここまで来ると、「一応やることはやっておきました」という為政者の免責のための手続のような気もしてくる。それとも、妙なところで性善説に立つアメリカ人気質の表れなのか。
JFKに到着して、Immigration。順番になって呼ばれてパスポート等を渡して、指紋を採る。なかなかうまくいかない。「その紙で指を拭いてよ!」朝6時前に、係官のおばちゃんに怒鳴られた。係官のブースに張ってあるポスターに、「We are the faces of our nation」とか何とか書いてある。

e0036628_1313098.jpgカウントダウンを控えたタイムズ・スクエアには、防弾チョッキを着てライフルを持った警官の姿がちらほら。この人ごみの中で、ライフルぶっ放すとどうなるのか。Collateral Damageとでも表現するのか。
新聞には、令状なしの盗聴に国民の理解を求めるブッシュ大統領のラジオ演説の記事。
建国以来、保守とリベラルの間でバランスしてきたこの国は、今おそらく最も右傾化しているのだろう。





今回、南米に1週間ほど旅行に行って感じたのだけれど、正直、僕は、ニューヨークの方が怖い。
ブエノスもリオも交通マナーは本当に悪いけれど、運転手が何時もイラついているニューヨークのtrafficの方が僕には怖い。ブエノスもリオも治安は良くないけれど、ニューヨークの街も僕には違う意味で怖く映る。スペイン語もポルトガル語も通じないけれど、ブエノスもリオも人は陽気だ。ニューヨークでは、こちらが店員に怒られる。
どうして、この街はこんなにギスギスしているのか。何を、そんなに、急ぐのか。

そんなニューヨークも、長いフライトで帰ってくると、「あー、帰ってきた」と思うから不思議だ。
もうすぐ、この街にも、いつもの興奮と喧騒が戻ってくるだろう。
今年も、この街に惹きつけられた多くの人が、この街を訪れるだろう。
僕の慌しい生活も、また始まろうとしている。
e0036628_13102065.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-01-03 13:14 | Travel