約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

西海岸滞在記~ロスアンゼルス編~

アメリカに住み始めて1年以上過ぎたがマンハッタンからほとんど出ていないので、僕の中ではアメリカ=マンハッタンである。
なんとも勿体ないように思うかもしれないが、もともと出不精なのとアメリカがデカすぎるのとで、なかなか国内旅行をする気にはなれなかった。
が、今年の夏から、同業者や大学の同級生が留学や配偶者の転勤などで西海岸に来ていているので、ここぞとばかり押しかけてみる。



最初はいろんなことにムカついていたアメリカ生活だったが、この旅で、かなり「慣らされてしまった」ことを実感した。
飛行機が時間通り飛ばなくても、余裕で流す。むしろ予定通りである。
また、空港で●人の係員に質問したら"Oh, Come on~"とよく分からない反応が返ってきて僕の後ろに並んでいた●人のオバちゃんにスキップされた。アジア人を馬鹿にしているのか順番を無視して●人への接客を先にしたということか。とは思うが、まあ別にそれ以上何とも思わない。
あんまり腹を立ててばっかりだと疲れるし、まともな人間であれば腹を立てさせられることが多すぎる。可愛そうな人たちだと逆に労わってあげるようにしている。ちなみに、僕の前に並んでいた人が、質問に答えてくれた。アメリカのこういう雰囲気は大好きだ。

何はともあれ、ロスアンゼルス国際空港に降り立ち、「お前のブログ2回しか読んだことないよ」という偉大な大先輩の家にご挨拶して、軽く談笑。

LAは、何と言っても雰囲気が開放的だ。
まずは、UCLAのキャンパスをさくっと案内してもらう。このキャンパスは観光スポットにも数えられる。
e0036628_321293.jpg

ロースクール(UCLA School of Law)の建物もでかい。
e0036628_324862.jpg

e0036628_323276.jpg

これでもカリフォルニア州財政破綻の影響を受けて厳しい経営を強いられているそうだが、それにしても図書館も広くて充実しているように見えた。多分、試験期間中などに席取りしなくてもよさそうだ。

東海岸から旧友を訪ねて2145miles(3452km)、彼らが開拓してくれたオサレなカリフォルニア・キュイジーンのレストランでランチ・・・

との淡い期待はカリフォルニアの青い空に吸い込まれ、UCLAの学食でランチ。

その後は、元祖ヒルズ・ビバリーヒルズの隅っこを掛け抜けて、ロデオドライブへ。
e0036628_34438.jpg

ジュリア・ロバーツには会えず。
車はメルセデスやポルシェやフェラーリが当たり前。ポロ・ラルフ・ローレンにすら、Macy'sの中にある店と違う威圧的な店の雰囲気を感じている、逆御のぼりさんの自分を発見。
e0036628_333092.jpg

そして、「ゆとり運転」がモットーの友人に車を出してもらって、ハリウッドへ。ここも、「特に何があるというわけではないが、ここまで来たからには行ってみるとよい」とのアドバイスに従う。
Chinese Theaterは、ミーハーな僕は楽しめた。
e0036628_35225.jpg

あと、Chinese Theaterの2つくらい東の建物(Kodak Theater)からは、遠くに有名なHollywoodのオブジェが見える。もちろん、近くまでも行けるが、ここから見るのも悪くない。
e0036628_352178.jpg

その後はサンタ・モニカへ移動。
ここは住んだら楽しそう。感じが、自由が丘の東口に似ている気がする。おしゃれな商店街があって少し奥に入ると住宅地、みたいな。
ちなみに、ハリウッドからサンタモニカに抜ける大きな通りを走っているときは、宇都宮市内のバイパスのイメージ。なぜ宇都宮かは別にして、LAの大きな通りを走っていると自動車販売会社とガソリンスタンドが多く目に付くので(というか、それしかない?)、日本の郊外のバイパスに雰囲気が似ている。
e0036628_371220.jpg

サンタ・モニカの商店街

e0036628_3205261.jpg

e0036628_3634100.jpg

サンタ・モニカのビーチ

結局、ローラーブレードをしているブランドンには会えなかった。

みんなでイタリアン・ディナーを済ませたあとは、スタバでコーヒーを買って同級生のお宅にお邪魔してこれまた談笑。
久しぶりということもあってかなり長居して話し込んでしまった。社会人になって仲良くなった仲間も良いけれど、学生時代からの友達はいいもんだと改めて実感。

その後は、宿を提供してくれている友人の家に戻り、運転があったので飲めなかった彼の酒に付き合い、午前4時くらいまで話し込む。zzz

こうしてLAの夜は更けていった。。

LA Note:
歩行者信号は青になった瞬間から点滅が始まりすぐに赤になる。
ニューヨークと違い街がゴミで臭いということがない。
車の運転は東に比べれば優しく、クラクションはあまり鳴らさない。
ロスアンゼルス国際空港をどうしてLAXと呼ぶのか分からない。

e0036628_36250.jpg

サンタ・モニカのPier

[PR]
by NYlawyer | 2006-08-29 03:23 | Travel