約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ニューヨーク 夏の終わり

先日ご一緒させていただいたマーサ・グハラム・カンパニーのプリンシパルでいらっしゃるmiki3lotusさんに教えていただいたFall for Dance Festival at City Centerのチケットを入手すべく、ニューヨーク・シティーセンター劇場へ。売り出し開始は、11時です。

チケット獲り名人47thさんが「11時に行きましょう」というので、11時過ぎくらいに55丁目に着いたところ、もう既に長蛇の列。
売り場は、55丁目に面していて6th Avenueと7th Avenueの間にあるんですが、長蛇の列は売り場から55丁目に面して7thに達しそこから北に折れて56丁目まで広がり、さらに6th Avenueに向って56丁目につながっています。

少なくとも私がニューヨークで見ているアメリカ人(ニューヨーカー)は、例えば、地下鉄が来ないと(実際なかなか来ないことが多いですが)ホームから身を乗り出して覗き込みイライラして電車を待ちますし、青信号ですぐ発射しないと自家用車もタクシーもクラクションを容赦なく鳴らしますし、歩行者も信号を守って待ち続けるということはほとんどありません。
ところが、このチケットを買うために、ブツブツいいながらも辛抱強く待ち続けているのはとても意外でした。もちろん低価格で一流の芸術に触れられるというのはニューヨークならではなので「待つ甲斐」があるとは思いますが、チケットを売っている人たちの要領・事務処理の問題が多分あって列はほとんど動きません。20メートルを2~30分かけて進む牛歩、という感じです。
しかも今日のニューヨークは陽こそ出ているものの、風があり結構冷えます。
さくっと買って帰る予定であった我々は、結局3時間以上立ちっぱなしで待ち続けることになってしまいました。

しかし、どうせ男2人で待ち続けるのであればということで、私は普段から聞きたかったちょっとした質問を色々とさせてもらって得をした気分です。
女気のない日曜日のお昼を過ごさせてしまって申し訳なかったのではありますが^^

しかも、私はこのあと、テニスのUSオープンの決勝を見に行く予定だったのですが、上に書いた通りまったく動く気配がなかったのでソワソワしていたところ、何と、47th先生が何と私の分まで買っておいてくれるというではありませんか!私は遠慮なくこのお言葉に甘え、お先に失礼させていただきました。ただ、この後、チケットを無事入手できたかは分かりません。。

その後、我が国○○行政の若手ホープのH氏と合流し、センターコートへ。
e0036628_13482410.jpg
e0036628_1348488.jpg

1セット目はワンサイドゲームの予感すら漂う、余裕のフェデラー。
2セット目と3セット目は、フェデラーのバックハンドのスライスが結構頻繁にネットにかかったのと、ロディックのサーブが早いのとでやや手こずった感じですが、4セット目の試合運びは圧巻。
ロディックは3セット目の最後のゲームで持ちこたえられずに、実質的には3セット目で試合が終わってしまいました。
フェデラーは本当に強い。試合を「支配する」というのはこういうことかと納得してしまう試合運びでした。
e0036628_13491231.jpg


ところで、これまた47thさんが触れられている、Who Monitors a Judge (in Tennis and others)?ですが、このシステムは非常に興味深いものでした。
このシステムの概要はというと・・
Rules for instant replay challenge system at US Open (カッコ内補充)
-- Each player gets two challenges per set to review line calls.(1セット、2回まで行使可能)
-- A graphic rendering of the shot in question is played on the on-court video screen that the players, officials and fans can see. The ball's landing spot is shown. (スタジアムに設置されたスクリーンに映し出される)
-- If the replay shows the original call was wrong, the player keeps that challenge. If the original call was right, the player loses that challenge. (審判の判定が間違っていた場合には、challengeの行使可能回数は行使前のまま)
-- Each player will get an extra challenge if a set goes to a tiebreaker. (タイブレイクとなった場合は、1回行使できる)
-- Players cannot carry over challenges from one set to the next. (次のセットに持ち越すことはできない)
-- At the U.S. Open, the system will be used for matches at Arthur Ashe and Louis Armstrong stadiums. (USオープンでは Arthur Ashe and Louis Armstrongの2つの会場で使用される)


会場のスクリーンに出てくるのは、テレビゲームで見るようなCG映像です。
①最後にショットを放った選手からボールが相手方コートに伸びて行きライン上に落ちるまでの軌跡を映し出し、②最後にちょっとアングルを引いてライン上からの映像にし、アウトなのかインなのかを映し出します。
何処にカメラがあるのか探したのですが、結局それらしきものは発見できず。一体どの映像を流しているのか分からずじまい。コート付近のカメラで撮っているのかすら、良く分かりません。ウインブルドンはサービスのときだけ、「ピー」と音が鳴りますが、あれもどうやっているんですかね?

ところで、改めて気づいたんですが、テニスとメジャーリーグでは客層が全然違いますね。メジャーリーグの観客席は食い散らかした後が本当に汚らしいのですが、テニスではそんなことはありません。今日もセレブリティが沢山来ていたようです。あと、野球場は空いているからと前の良い席に座るとチケットを見せるよう要求されて退散する人たちを見かけるのですが、ここではこの点はなぜか寛容です。チケットのチェックも厳しくありません。また、家路に付く観光客にリムジンサービスやシャトルサービスを自社の従業員に提供している会社名を見ると、「ああ資本主義だなあ」と感じてしまいます。

* * * * *
試合が終わった夜8時前には空がもう暗くなっており、日が確実に短くなっていることを実感します。
USオープンが終わると、ニューヨークの夏ももう終わり。
短い秋を駆け抜けて、またあの寒い冬がやってきます。
e0036628_13495354.jpg
e0036628_17222644.jpg
e0036628_1350661.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-09-11 13:38 | Colors of New York