約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ニューヨーク金融業界の危機感

アメリカ上院議員のCharles Schumer とニューヨーク市長のMichael Bloombergが、国際金融市場におけるアメリカの強みが失われつつあることを警告する報告書をコンサルティング会社マッキンゼーの協力の下作成し、それが本日公表された。
・NYimesの記事:New York Officials Seek Change to Stay Competitive 

確かに、去年の中ごろから、アメリカ・ウォール街の競争力が弱まっているのではないかという論調の報道をちらほらされていた(参考資料は、このページの脚注を参照:Speech by SEC Commissioner:Remarks Before the American Electronics Association Classic Financial Conference November 7, 2006

エグゼクティブ・レポートを参考にざっと要約すると、内容は以下のとおりである(報告書全文PDFはこちら:"Sustaining New York's and the US' Global Financial Services Leadership.")。

現状認識
・アメリカの金融業はグローバルな競争力を失う恐れがある。
・雇用創出力はいまやロンドンに追い抜かれている。
・ヘッジファンド・ビジネスもいまやロンドンに魅力を感じている。
・成長のペースは、(日本を除く)アジア太平洋及びイギリスに遅れを取っている。
・IPOやレンディングといった伝統的なファイナンスのみならずデリバティブや証券化といった新しい金融商品のイノベーションはヨーロッパで盛んである。

原因
競争力を失いつつある原因として、「規制」と「訴訟」の2点を特に指摘している。
・「規制」とは、内部統制制度をはじめ企業に大きな負担を強いていると近時批判されているサーベンス&オクスリー法のことである。
・「訴訟」とは、企業に開示書類の作成及びその後の訴訟への対応でこれまた大きな負担を強いているとの批判のある訴訟制度のことである。

対策
・サーベンス&オクスリー法の規制を緩和する(特に中小企業と外国企業について)。
・証券訴訟のクラスアクション制度について一定の制限する。
・専門的スキルを有している人材を他国から受け入れる。
・国際会計基準のハーモナイゼーションを推進し、BIS規制・バーゼルⅡを受け入れる。

**
もちろん政府レベルの話と民間レベルの話は別だし、これが直ちに国家政策になるわけではないのだが、証券取引所その他の取引所の提携・買収を積極的に仕掛けているのを見ていると、アメリカには相当のアドバンテージがあるように傍からは見えるが、本人たちは10年後のアメリカ金融業界について、結構真剣に憂いているようである。

テクニカルな対策はさておき、ここで注目すべきは「専門的な知識を持った移民を積極的に受け入れるべき」と唄っている点である。移民を受け入れて国の活力にして行くという移民国家のモデルは、今日もまだ生きていることを再認識されられる。もっとも、移民の受け入れについては、テロ対策とも相俟って政治的にも微妙なイシューであろう。また、金融業こそがアメリカ経済の繁栄を支えてきたというアメリカ人の歴史認識も、特徴的だ。

もちろん、これら2点は、日本という国の成り立ちとは決定的に異なっている。しかし、だからといって日本が何もしなくて良いということにはならないだろう。少なくともアメリカが抱いている以上の危機感を有していなければならないはずだ。日本版ビッグバンの時はそれなりに議論が盛り上がったと記憶しているが、その後は金融危機でそれどころではなかったし、そもそもニューヨークを脅かしているのがロンドンだけでなく、香港、そしてシンガポールであると聞くとき、少し寂しい気がするのだが。

ところで、なぜ今なのか?BRICKS脅威論?あるいは、ブルームバーグの大統領選出馬への布石?と思ったのだが、よく見るとCharles Schumerは民主党のようだし、ブルームバーグはもともと共和党だから、ちょっと穿った見方だろうか。エンロン・ワールドコム事件の後の対応がやや拙速であったという認識(反省)の下で、大きな意味での調整機能が働こうとしているのか知れない。そうだとすると、少し羨ましい。しかし、何が違うからこうも違うのだろうか。
e0036628_12223593.jpg

(画像はEconomistのサイトより)
[PR]
by NYlawyer | 2007-01-23 12:13 | Law and Business