約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Easier said than done

こちらで気づいたことの一つに、ブルーカラーの人たちの仕事の役割が分かれている、ということがある。細分化されているという方が正しいか。

分かりやすい例が、飲食店である。客から注文をとりサーブする人と、客が食べ終わった後に皿を片付ける人とが違うのである。よく見ると、着ている店の制服も違っている。背景事情は色々あるのだろうが、仕事の内容を分けることで(より正確には仕事に「格差」を設けることで)、色々な人種の人たちが仕事に就けるようになっていることは間違いなさそうである。そのような仕事の格差は「目的」なのか「結果」なのかは分からないが。
あえて仕事に格差を設けて増やすことで、雇用機会の均等あるいは「平等」という理念が後退するのを防いでいるという見方もできよう。

もう一つの例として、近所に日本でも有名な米系証券会社のビルがあるのだが、当然ながら結構夜遅くまでオフィスに明かりが付いている。そのビルの通用口に面しているStreetには、夕方くらいから黒塗りのリンカーンが列を成して順番待ちをしている。これはこの会社の従業員が帰宅するための「足」であり、いわばハイヤーみたいなものだ。通用口付近には担当者がおり、通用口から従業員が出てくると運転手に合図し、記録した上でチケットか何かを発券して従業員をリンカーンに乗せる。当該担当者の役割は、運転手への合図とチケットか何かのやり取りだけである。それが彼の仕事である。やはりというかなんと言うか、彼は白人ではない。賃金が高くないので仕事として成り立つということもできる。コンドミニアムのドアマンやコンシェルジュ、あるいは中華料理店、タイ料理その他の飲食店が提供しているデリバリー・サービス(「出前」)についても、同じことが言えるであろう。

少子化が進み労働力が不足することが予想されているわが国でも、外国人労働者の受け入れ拡大という議論がなされることがあるし、実際に地方では、外国人労働者によって地域経済が支えられているという事実もある。いろいろな人種が集まるがゆえに活力を生み出し多様性も生まれるのだ、と言うのは簡単である。しかし、我が国でそれは可能なのか。生活文化や伝統の問題もあるし、外国人に参政権を与えるのかいう憲法問題もある。労働力不足がますます深刻化したとき、我が国はどのような決断をするのだろうか。チャイナタウンとリトルイタリーに溢れる人ごみの中で思ったのだった。
e0036628_13301661.jpg
e0036628_13302767.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2005-08-16 13:33 | Colors of New York