約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ローファームのStaffing

米国のローファームの業務の特徴の一つに「分業化」が挙げられる。Staffing=人のやり繰り、もその一つである。

staffingとは、要は、新規の案件を始めるときに人が足りない案件があるときや、緊急に増員が必要なときに余裕のありそうなアソシエイトに「仕事を割り振るという仕事」のことである。
staffing担当弁護士パートナーもいるが、実際にこの仕事をしているのは弁護士ではなくstaffing担当の事務員である。

このstaffingという仕事自体は別にたいしたことはない。というのは、「人が足りないんだけど」というリクエストをどこかのチームから受けて、(おそらく業務分野と期間を確認したあとで)適当にアソシエイトにメールを流して終わりだからだ。しかも、複数のアソシエイトに同時に且つ別々に流しているので(これが意味分からん)、自分が返事をしたときには「もう見つかりました」という返事が来ることも稀ではない。
さらに、staffing担当者が説明する案件内容ははっきり言って当てにならないため、「週末だけ」とか「クロージングまで」とか「ここの分野だけ」というはずが、ダラダラ引きづられたりいうことはよくあることだ。そもそも、「週末だけでいいから」と説明される仕事が面白い仕事のはずがないし、「クロージングが来週の●曜日だから手伝って」という仕事がどんな仕事かなんて何年か弁護士をやっていれば分かってしまうだろう。
さらにさらに、語弊を恐れずいえば、実際に仕事をせずに案件を振っているだけの人間がその仕事はこんなに面白いとか、こんな内容の仕事だ何て言えるわけがないのである(staffingをしている人が弁護士でないということもあるが)。そう考えると、あえて担当者を置いてまでするような仕事なのかという気がするのである。これで誰かがハッピーになっているとは思えない(強いていえばパートナーか?)。
今の時期は人繰りがどうもタイトなようで、この種の照会が多くはっきり言ってうっとおしい。先日も、良く仕事をしていたパートナーから某案件を"something very interesting!"とアサインされたのだが、これまた何ともアホなシニア・アソシエイトの下で働かざるを得ないことになり、非常にうっとおしい(このパートナーにうまく騙された気がする笑)。頭が良いのか悪いのかは知らんが、要領・ロジスティクスが非常に悪く、こんなアホに付き合っている時間が本当に勿体無い。

今の事務所では、チームのメンバーが休みを取ったり別の案件で忙しくなると、チームメンバーは入れ替わり立ち代り交代する。米国のローファームには弁護士が多いこともあり、こういうことが可能なのである。人の融通がとてもよく利くことで過度に忙しくなりにくいと言えそうだが(例えば、休暇や用事をつぶす必要がないため)、案件がクローズするまでにメンバーがコロコロ変わることが効率的かどうかは別の問題である。

しかも、上で書いたようにいろんなアソシエイトにメールを出していろんなチームから人を引っ張ってくるので、今まで仕事をしたことのない人と組むことになり、仕事のやり方がわからずそれなりに大変だ。そして、途中から入る人間には全体を鳥瞰することは期待されておらず、「ここだけ見てくれ」という非常にスコープの狭い仕事となることが多い。何よりも、アソシエイトは交換可能なロボットのように扱われていて(というと言い過ぎ?)、働く環境としては非常によろしくないと思う。さらにいうと、こんな感じで仕事をしていては、チーム内やクライアントとの長期の信頼関係を築けるわけがない。これでは満足感もやりがいもないだろう。
(予断だが、自分はこういうstaffingのやり方は、パートナーシップの報酬システム(完全ロックステップ)と密接に関係していると思っているのだが、さて。)

最近結構楽しく仕事をしてきたのだが、終わりに近づいてきたところで、何ともイケてない部分をまた見ている気がする。
e0036628_1305362.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-07-01 13:02 | Law Firm