約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

お気に入りブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2007年 03月 28日 ( 2 )

Park Avenue

e0036628_1120440.jpg

最近気づいたんですが、MetLife Buildingよりも北のPark Avenueには歩行者信号がないのはなぜ?
[PR]
by NYlawyer | 2007-03-28 11:20 | Colors of New York

「再チャレンジ」という言葉の違和感

提唱している総理大臣本人が「チャレンジ」からは無縁そうな人であることも理由かもしれませんが、再チャレンジという言葉がどうもしっくり来ません。
個人的に、「チャレンジ」という言葉の意味を理解できたのは最近のような気がします。私は試練とか真価が問われるとかいう意味だと理解していますが、この言葉にはいろんな意味があり(参考)、私がここで念頭に置いているのは
a difficult or demanding task, esp. one seen as a test of one's abilities or character.

に近いでしょうか。やっぱり、結構厳しい含意があるような。

日本の社会が「再チャレンジ社会」になるというのはほとんど革命ではないかとすら思います(パラダイムシフトはそれくらい大変だという意味です)。もちろん、日本も挑戦する人を応援する社会であるべきだと思いますが、私のここでの疑問は、「再チャレンジ」を推進している人たちと、それを聞いて納得している国民の間にPerception Gapはないのかという点です(政府もそこまで意識して使っていないのかも知れませんけど)。
で、結局、「再チャレンジ」から何が生まれるかというと、こういう政策なわけです。

金融庁、動産担保融資の実績など公表要請・全国の金融機関にNIKKEI NETより)
 金融庁は26日、全国の668金融機関に対し、企業の保有する商品在庫や原材料など動産を担保とした融資などの実績を公表するよう要請した。個人保証に過度に依存しない融資を推進する狙いで、政府の再チャレンジ政策の一環。全国銀行協会などにもアンケート調査を実施し、業界の取り組み状況をまとめるよう依頼した。

 金融庁が要請したのは大手銀行や信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、外国銀行など668金融機関。動産担保融資のほか、知的財産を担保にした融資、企業の財務状況に着目した融資を公表対象としており、今年3月末時点の残高や2006年度中の実行額などの開示を求めている。

 金融庁は個別金融機関の実績が比較できるようになることで、これらの融資の取り組みが活発になることを期待している。

 金融機関は5月以降に予定される2007年3月期決算の発表時に融資実績を公表する。特徴のある個別事例も開示の対象とする。(20:59)

一応、経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006(添付PDF27ページ)(これはいわゆる「骨太の方針」です)にもそれらしきことが書かれていますが、「動産担保」と「再チャレンジ」ってイマイチ繋がらないような気がします。
また、(金融機関に金融庁や日銀の検査が入るとその対応で非常に忙しくなるという話をよく耳にします。もちろん、安定した金融システム維持のために必要な検査や不正があったときの検査は必要なものとして受忍すべきだと思いますが)、ちょっとイマイチなこういう「要請」への対応による社会的負担(というと大げさですが)を強いているのではバランスが取れていないのではないか、と。金融庁が、動産担保で保全されている銀行貸付の評価を変えるというのなら、またちょっと違うかもしれませんが(フォローできていないのですがそういう動きをご存知の方は教えてください)。
[PR]
by NYlawyer | 2007-03-28 00:17 | Thought On...