約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Are you hungry or are you angry?

先日のエントリーCourse, Seminar, English etc.で、セミナーの講師の片方がしゃべりすぎるということを書いたのですが、今日同じセミナーにいったらまたまたその1人が1時間半以上喋りまくって先週積み残した課題(第2回の課題全部)および今週やることになっていた課題(第3回の課題のうち4問)に一切触れないままに終わってしまいました。課題としては、判例を毎回いくつか読んで、設問の答えを準備していき議論するということになっています。まあ、私のfirst nameは覚えてもらっているようですが、もう一人の日本人LLMの名前はまったく覚えようとしない(今のところ)ちょっと感じの良くない講師陣なのですが、今日も学生相手をいいことにか、自分の経験をスケジュールとはまったく関係なく喋りまくっていました。

ちょっとこれはおかしいのではないか、こっちもいろいろあるんだよと怒って、抗議のメールでも打ってやろうかとまで考えました(いまも多少怒っていますが)。
I pay for the tuition by myself, I came here from Japan, I have practiced law for three years and a half (I'm not a college kid), and so are the other LLMs. I would very much appreciate it if you could think of the fact that every one of us has his/her own reason to be here.
と思ったもの、メンターを抑え切れなかったもう一人のほうが「次回には先に進むよ」と言っていたので、次回まで待ちますけどね。でも次も同じだったら、ちょっと考えるけど。
しかし、どうして、こう、聞いている側のことを考えずに喋り続けられる人っているんですかねえ。各種セミナーとかでも思いますけど。ちなみに僕はここら辺は自信があります笑(ね、S戸さん)。

以下、第2回課題の内容(抜粋)

more
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-28 12:11 | Law School

Cook for yourself

今日は昼間は洗濯とか掃除をして、夕飯は肉じゃがを作りました。
なぜかジャガイモがボロボロに崩れましたが、味はまあまあか?(「切ったあと10分くらい水に浸しておくと崩れない」と書いてあったんだけど)

平日の昼は大学の近くで食べるので夜は自炊と行きたい所ですが、疲れてそんな気分にならないので週末くらいは自炊しようかと思って先週くらいから始めています。まあ、気分がてら自炊するのも良いかな、と。東京にいたときは一度も作らなかったですけどねえ。まあ、こちらの食事は(本当に)おいしくないというのが一番大きな理由でしょうか。

午後に買出しに行きましたが、途中でTower Recordに寄ってCDを10枚くらい買ってしまった。安い。。

e0036628_1336478.jpg


                   秋晴れのマンハッタン
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-25 13:40 | Colors of New York

Visiting a friend in Upper East

午後一番に大学のジムでテニスをし、その後図書館のプリンターで課題の判例を打ち出して一旦帰宅し、夜はUpper Eastに住むメキシコ人のアパートに、オーストリア人と遊びに行ってきました。

More
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-24 13:05 | Colors of New York

Course, Seminar, English etc.

今週になってようやくカラッとした気候に戻ったニューヨーク。
とても気持ちのよい季節なのですが、授業が始まってそろそろ1ヶ月ということで、私はちょっと疲れてきました。日本以外の国から来ているLLMと話してみても、皆それなりに疲れているようです。
今日はこれまでの授業の感想などを書いてみます。

More
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-23 08:54 | Law School

Opposite Fund Types Converge

22日付のWSJに「Fund Combines Private Equity, Distressed Debt」という記事があり、default率が低くファイナンスも比較的容易にできる昨今はDistressed Fundには厳しい時代であり、他方、PEファンドはマーケットから魅力的な利率でDebtを調達できるという恵まれた環境にあるものの、この現状も、記録的なジャンク債の発行が大きな理由となって変わりつつあるとレポートしている(以下省略)。
この記事がレポートしている「ヘッジファンドとPEファンドの接近化」というトピックについては幾つかのどなたかのブログで読んだ記憶があったなあと思いつつ、記事に目を通す。

さらに、ブログの方が新聞報道よりもずっと早いのではないかいう内容のエントリーもどこかで読んだなあと記憶を喚起し、こちらは先日のヒルズ投資銀行日記のandyathomeさんのエントリー新聞報道、そして人であることを思い出した。

確かにブログの方が情報が早いのはある意味で当然かもしれない。ただ、エントリー内容によっては守秘義務に抵触する可能性もあるので皆さんお気をつけて。。
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-23 07:47 | Law and Business

the U.K. law firm in New York

渡米してからそろそろ2ヶ月が経とうとしていて少し疲れてきています。
そんな中でまたまた司法修習生みたいことで恐縮ですが、某英国系法律事務所のニューヨーク・オフィスを訪問してきました。
45分くらいだったので大した話をしたわけではないのですが、今回印象に残ったのは、「改めて」というものも含めて、
①活動領域がものすごく広い
②グローバルな構成・事業展開(26ヶ国、28の事務所)
③クライアントサービスの充実
というところでしょうか。

e0036628_9181965.jpg①は、私が会ったのはProject Financeを手がける弁護士たちでしたが、プロファイ案件だけでも、ロシア・中国・中東・南米のガス・石油・電力等々と世界各地の案件を手がけているとのことでした。

②と関連しますが、需要にあわせて事務所所属弁護士の国を超えた移動もあるようです(本人の意思に基づくものと業務命令によるものと両方アリ)。実際、今日会った弁護士の一人は、香港に5年ほどいて今年ニューヨークに移ってきたそうですが、その理由は、最近南米のプロファイ案件で中国企業がスポンサーとして積極的であり、彼の香港でのさまざまな経験が必要となったからということでした。ここでもChina Powerの一端を垣間見ました。一般的に、英国系法律事務所は米国系法律事務所に比べてグローバルな展開をしているところが多いと思いますが、いろいろな国でオペレーションをしているとマネジメントも大変だろうなと思いました。

③については、今日もともと会う予定であった弁護士はロンドン・オフィスのパートナーなのですが、今回ニューヨークに来た理由は、彼が「Client Relationship Partner」だからだそうで、担当のニューヨークの某金融機関2社を、年2回表敬訪問しているとのこと。うーん、すごい笑
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-22 09:21 | Law and Business

On a Moon Lit Night

先日はテニス、今日は2001年10月以来のゴルフ。
心地よい疲れがあるので寝ようとすると、月明かりが部屋に差し込んでいる。
e0036628_15214250.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2005-09-18 15:29 | Colors of New York

Chapter 11

ついにというか、いよいよというか、ここ1ヶ月くらい予想されていたこと(Too big to be solved)(too heavy to fly)ですが、ノースウエスト航空とデルタ航空がChapter11の手続開始の申請をしたようです。ニューヨーク・タイムズ

折からの原油高やカトリーナの被害による燃料費の高騰が原因に挙げられることが多いようですが、ノースウエスト航空のストライキに見られるように歴史的に高水準だった航空業界の賃金や好条件であった年金の削減案について労使交渉がまとまらず財務を圧迫しているのが原因と解されます。

DIPファイナンスの目処もついているようですので(*余談ですが、こちらではヘッジファンドがDIPファイナンスを出すこともあるらしいです。)、賃金や年金にかかる債務削減に成功すればとりあえずはゴーイング・コンサーンとしてやっていけるのだとは思いますが、何社も同じことを繰り返していることからも分かるように、抜本的な解決に至るのは難しいかも知れません。

セミナーの内容とも絡むので関心を持って見ていきたいと思います。
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-15 12:54 | Law and Business

9・11

先日、グランド・ゼロに行きました。式典の準備が進められており、WTC跡地のすぐ脇のビルには巨大な星条旗が掛かっています。
e0036628_10413419.jpg

e0036628_10414766.jpg


これは今夜の写真です。少し見づらいですが、左にビームのような光が見えます。おそらく式典か何かだと思われます。
e0036628_1042258.jpg

テレビでも、9・11を振り返る番組がここのところ数多くありました。ただ、情緒的なものだけでなく、政府のテロ対策は適切だったのかとか、高層ビルの構造に問題はなかったのかとか、情報機関に組織的な問題はなかったのかとか、番組によって着目点が異なっていて、結果的には多角的な検証がなされていたような気がします。

ところで、最近のニューヨークの天気は最高です。「遊びに行く」といっていた皆さん、「今来ないでいつ来るの?」という感じですよ。
e0036628_10431936.jpg

e0036628_10433283.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2005-09-12 10:48 | Colors of New York

Seminar

観光ばかりしているみたいに思われますので(実際、そうですけど。)、セミナー(ゼミ)の様子を少し書きます。

ゼミはセメスターで2単位しか来ないので苦労の割りに報われないとの声がありますが、一応登録してみました。私のゼミは「Bankruptcy Reorganizations」というやつで、US BankruptcyCodeのChapter11(日本の会社更生法に相当)における企業再建(エンロンとかワールドコムとか)を取り扱うものです。私は銀行の仕事が多かったので再建企業の側を代理したことはないのですが、債権者側の視点で見れればと思っています。

第1回の内容ですが、以下の概念について「これってどういう意味?」「どういうコンテクストで問題になるの?」と学生に当てまくり、内容や具体的方法論を議論するというものです。日本語でも大変ですが、英語になると。。

More
[PR]
by NYlawyer | 2005-09-11 10:04 | Law School