約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Saturday in the Library

土曜日はどうもダラダラしてしまうので、今週は図書館に行くことにした。昼少し前に起きてローの図書館へ。僕はもともと図書館はあまり好きではないし、土曜日に大学の図書館に行くのは、たぶん生まれてはじめてだな。
すると、学生がいるわいるわ。さすがに平日ほどではないものの、目に入る机はほとんど埋まっている。みな勉強家ですねえ。。汗
しかし、MPREの勉強をしている人はあまり目に付かない。普通にケースブックや判例を読んでいるようだ。JDの1、2年なのか。LLMもたくさんいました。まあこんなに寒いと遊びに行くところもないか。

帰りにミッドタウンの日本の本屋に雑誌を買いに行く。ロックフェラー・センターにアイススケートのリンクができていた。それを見たらなぜかとてもブルーになった。まだ10月の終わりなのに。。本屋のそばで知り合いに会って超びっくり。休みを取って遊びに来ているらしい。
e0036628_1030374.jpg


夕飯はチンジャオロースを作ってみた。味噌汁はもやしとベーコンと豆腐。チンジャオロースはまあまあだが、この間片栗粉を買うべきところ、小麦粉を買ってしまい、下味を付けるときにとろみが付けられずそこがイマイチ。
あと、先日日本食スーパーでアサリのようなものを買ってパスタを作ろうと思ったが、砂抜きが終わらなかったので、その日は和風きのこパスタにした。今日、アサリを見たらまだ砂が抜けていないようなので、バターでソテーして日本酒と醤油で味付けして食べてしまった。でも、これってほんとにアサリなんだろうか?今度近所のマーサ・スチューワートさんに聞いてみよう。

今日の夕焼け。ここに富士山を置いたら「真冬の」日本の夕焼けですな。
e0036628_10261681.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2005-10-30 10:25 | Law School

Target Audience

今週エクソンやシェルがこの4半期で記録的な収益を記録したことがニュースになったのですが、これに関連してExxonが面白い広告をWSJに載せています。
e0036628_10583648.jpg


More
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-29 10:59 | Law and Business

WSJ

横を縦にしているだけじゃないかというツッコミを覚悟で、気になった記事を紹介。

まず、Financial DealsとFinancingとの関係で、Wall StreetのI-Bankへ支払ったフィーが多い順に、以下の会社が挙げられている記事(もともとは、Dealogicからの出典)。

e0036628_9494514.jpg
1 GE 358M
2 GM 199M
3 Thomas H. Lee Partners 186M
4 Metlife 177M
5 Warburg Pincus 159M
6 Blackstone Group 146M
7 KKR 146M
8 Texas Pacific Group 137M
9 GTCR Golder Rauner 128M
10 First Reserve Corp. 116M

ものすごい額です(当然ドル表示です。念のため。)。
まあ、大して時間をかけて読んでいるわけではありませんが、ほとんど毎日のように新聞にはM&Aの記事が出ていますので、それだけでもDeal Flowがうかがい知れます。また、TP10に名を連ねている面子ですが、PEファンドの台頭にも目を見張るものがあります(個人的には某会社の名前を見て苦笑してしまいましたが。。)。ここら辺は、harryさんのウォールストリート日記がとても詳しいです。今は、PE業界にとっては、あとで振り返ると「あの頃はすごかった。」という時期なのかもしれません。就職先の人気としてもすごいみたいですし。日本は最近どうなんですかね?再生案件が一段落した後はあまり聞かないような気がするけど。

次は、楽天(というよりも三木谷氏か?)が記事になっていました。
この記事で興味深かったのは、TBSが株の買い控えを要請している中で楽天が株の買い増しをしてプレッシャーをかけるという戦術について、WSJは、「この戦術はあのウォールストリートにも少し鼻っ柱が強いと映るのだから、保守的な日本のM&A市場ではいうまでもない。」と書いていることです。なるほど、こちらの目線で見てもかなりアグレッシブに映っているようです。ただ、hostileと表現はしておらず、to pursue an "Alliance"となっています。""がついている所が面白いですが。
ところで、昨日26日はTBSの「企業価値評価特別委員会」が開かれたと思うんですが、どうなったんですかね?ネットではまだニュースとして配信されていないようですけど。
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-28 09:55 | Law and Business

_

ちょっと前の話だが東海岸のロースクールで、アドバイザー役の学生がLLM向けにこういう話をしたらしい。

「●●に来る人たちの中には、少なからず、『ここに来さえすれば自分が変わる』と期待している人たちが多い。ここに来て授業に出てそれなりに勉強すれば、卒業するときまでに今までとは違うものの見方、考え方が身についているはずだ、と思っている人たちだ。でも現実はそうじゃない。確かに、●●では一流の教授が一流の授業をする。でもそれを消化するだけでは、何も変わらない。自分を変えたければ、自分で変えるしかない。●●はそのための場を提供するだけであって、自分を変える魔法を提供するわけじゃない。」

e0036628_14232858.jpgうーむ。確かに、自分も「思っている人たち」の一人かも知れないが、今までとは違うものの見方、考え方って何だろうか?いままで生きてきて、それまでとは違うものの見方、考え方を身につけたことなんてあっただろうか?他人の考え方を知って「へー」と思うことはたくさんあっても、それで自分の考えが変わることってあまりない気がするけど(しかも書いているうちに、自分にはものの見方や考え方がそもそも備わっているのか、はなはだ疑問になってきた)。自分を変えるって聞こえはいいけど、人間は基本的にそう簡単には変わらないと思うけど。
留学に行くのだから「それまでとは違うものの見方、考え方」を身につけることが期待されるのだとしたら、これはこれで結構うっとおしい(まあ僕は企業派遣でもなんでもないのでそういうプレッシャーからは無縁ですが)。司法修習のときにも(特に実務修習中には)「今しか勉強できないことを勉強しましょう」なんて言われて、「何だ、そりゃ」と思っていた。でも、実務修習は充実していたし、「あー、あのときあの勉強しておけばよかった」なんて思ったことはあまりない。日本を離れて「いやー、やっぱり留学は最高だよ」「留学は人生で一番楽しい時期」というつもりもないし、「留学なんて意味ないよね」とかいうつもりも別にない(新婚の方々は「2年間の新婚旅行」のようですが笑)。まあ、日本を離れると、こんなどうでもいいことを考えることができるくらいの気持ちの余裕ができるのかも知れません。

どうも、こっちにいると、なにか高尚なものを求められているような気が(無意識に)していたけど、もう少し気楽に行くことにした。といっても、課題からは逃れられないが。。

(お湯が出なくてムカついていたので、何だか良く分からないすこし感じ悪い文章になっているかもしれません。)
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-27 14:27 | Law School

お湯が出ない

今朝は朝8時で気温4度。風も結構強いし、ニューヨークは寒いです(乾燥しているしね。そういえば乾燥しているのが関係あるのか、最近また肌が被れて痒くなってきた。修習で名古屋にいたときに発症して東京に戻ってからも少し続いたのだけど、こっちでも続くと面倒くさいなあ)。

ところで、いまシャワー浴びようとしたんですが、お湯が出ません。おいおい。
ドアマンに電話したらやっぱり故障(不具合)があるらしい。もう寝ようかしら。おいおい。
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-27 12:16 | Colors of New York

Conflict of Interest

neon98さんのトラックバック・Conflicts of interest in financial institutionsを受けて、一般化して、もう少し考えてみる。確かにあまり考えたことはない問題かもしれない。なお、資料は一切参照していないので、以下はいわば「裸の」考察である。

A社のメインバンクとA社と同業のB社のメインバンクが同じ金融機関であるとき、平時の場合、当該金融機関がA社及びB社に貸付をすること及び貸主-借主の関係を維持することは、金融機関にとって利益相反の問題は基本的に生じないと思います。もちろん、金融機関がB社(A社)に、A社(B社)の秘密情報を開示することは原則として認められないことは言うまでもありません(金融機関が顧客に負うと解されている守秘義務あるいは情報提供禁止義務に違反するから)。
e0036628_916488.jpg
では、戦時の場合はどうなのか?

More
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-26 08:50 | Law and Business

Financing Hostile Takeovers

ニューヨークは、朝8時で、気温7度。寒い。今日はずっとどんよりしていて気温はほとんど上がっていないんじゃないかな。

いま、Yahooを見たら、敵対的買収には融資せず TBS統合で楽天に通告というニュースが。

 TBSに経営統合を申し入れている楽天に対し、主力取引銀行の三井住友銀行と、準主力行のみずほコーポレート銀行が、「敵対的買収に発展した場合、必要資金は融資できない」と通告していたことが24日、明らかになった。
 社会的に拒否反応の強い敵対的買収への資金協力で、銀行としてのイメージ低下や取引先の不信感を招く恐れがあると判断したもようだ。
 楽天はTBSとの交渉が決裂した場合に備え、株式公開買い付け(TOB)による敵対的買収も検討課題としている。主力行などが敵対的買収への拒否姿勢を明確にしたことで、今後TBS株の買い増しで大規模な資金調達が必要な場合、外資系投資銀行などからの借り入れや、株式市場での公募増資などに頼らざるを得なくなる。
(共同通信) - 10月25日2時22分更新

真偽のほどは定かでないが、他方で、楽天に800億円の融資枠を設定・三井住友銀行など
(21日)あるいは、ゴールドマン、TBS統合で楽天に2000億円調達提案(24日)という報道も。

e0036628_11393783.jpg
CLを設定したものの、敵対的買収の手段としてTOBを仕掛けるときは、CLからのドローダウンを許さないという趣旨だろうか。契約書がどうなっているかによりますが、そのような内容で契約を締結しているとは現実的には考えにくいが。。
放送作家を持ち出して「TVとネットの融合は成功しない」と言わせたり、政財界を巻き込んで根回ししたりと場外戦も盛んなようだが、本件もその一端か。
それはさておき、Financierが「銀行としてのイメージ低下」「取引先の不信感」を気にしなければならないほど、「敵対的買収」へのアレルギーはまだ強いのか。
そもそも論として、本件を「敵対的」買収と決め付けてよいのか、もう少しstrategicなものかも知れないという見方もあることだし、もう少し冷静で骨太な考察が望まれる。

でも、これだけ金利が低いとメインバンクが断っても貸したい金融機関はいくらでもあるような気がするが。。

(本エントリーの内容は筆者の所属する組織・団体の見解を代表するものではありません。)
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-25 11:10 | Law and Business

Long Time No See

今週、ニューヨークの天気は最高。
e0036628_6491038.jpg



e0036628_6493988.jpg



e0036628_6474397.jpg



e0036628_648374.jpg





ロースクールの方はというと、今週も、特に用事が入っていたわけではないけれど、なんだか忙しかった。なんどもいうけど、いつも「追われている感じ」がする。まあ、苦痛というほどではないけれど。

金曜日は、BankruptcyのMake-upのクラスがあったので、ロースクールに行き、

More
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-23 06:51 | Colors of New York

Tokyo Calendar

e0036628_133353.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2005-10-23 01:35 | Colors of New York

Bankruptcy Lawyers Flying High

e0036628_618365.jpg21日・金曜日のWall Street JournalのC-1, C-5面は、最近の一連の航空会社のChapter11の利用で、弁護士をはじめとする専門家へのフィーの支払いが増加していると報じています。
例えば、UALは3年近くかかった手続きで、1ヶ月10Mドルのフィーを、法律、会計、コンサルタントその他の専門家に支払ったとされています。


なぜこのような額のフィーが発生するのか、その理由はいくつか記事の中に挙げられていますが、私のコメント交えつつ整理すると、主要なものは以下の通りです。

More
[PR]
by NYlawyer | 2005-10-22 06:24 | Law and Business