「ほっ」と。キャンペーン


約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

お気に入りブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

となりの芝は青い?

Interactiveで素敵な日々という記事でも少し書きましたが、最近全体像が掴めてきて「Interactiveなもの」を感じることができており、また面白そうなところはイモヅル式で論文とかを捜しては読みつつ睡眠薬にしているのですが、47th先生が面白いエントリー(NYUよいとこ一度はおいで?)を立てていて、今日Dさんと話していて思いだしたので、僕もちょっと書いてみます。
同じような内容を以前Go East/West/North/Southで書いたことがありますが、その時は専らChicagoとNYCの比較という視点で書いたのに対して今回はもう少し踏み込んでいる点で、ちょっと視点が違います。もっとも、前回書いた内容は特に訂正する必要はないと思っていますし、今回のエントリーとも矛盾しないという理解です。
さらに、ロースクールへの留学にはいろいろな動機や目的があり、また人によってものの見方・感じ方が違うといった「一般的なお約束」を前提として、ですが・・・

僕の通っているロースクールのLL.M.プログラムは、
・Corporation Law
・General Studies
・International Legal Studies
・International Taxation for Foreign Students
・Labor and Employment Law
・LL.M. - J.S.D Program in International Law
・Public Service Law
・Taxation
・Trade Regulation

という感じで細分化されているのですが・・・どうも細分化されすぎていて「カネ」と「ヒト」の投資が分散されてしまっているように思います。
例えば、Corporation Lawのコースでは、会社法関係の教授のラインアップはやっぱり個人的にはいまひとつのような気がします(先日、JDの2年生と話していたら「そんなことないよ、このロースクールは会社法のPower Houseだぜ」と言っていましたが。。)。ただ、そこは金の力でRomanoとかCoatesといった有名教授をVisiting Professorとして引っ張ってきているわけですが、所詮は単発的な効果しかなく、抜本的な改善策にはなっていないような気がします。そういう意味では、やはりハーヴァードやコロンビアの会社法関係の教授陣は魅力的に見えます。もちろん、「教授が有名である」ことが全てではないですが、研究(者)と教育(者)のどちらの要素に重きを「置くべきか」については前者というのが一般的な理解のような気がします(参考)。もちろん、これには、「たかが9ヶ月のプログラムでは大した違いは生じまい」という反論も可能でしょう。

e0036628_7264493.jpgまた、ファイナンス法の関係の授業の品揃えも、今一つのような気がしています。色々あるにはあることは確かですが、Secured Transactionもなければ、LBOファイナンスや証券化のようなストラクチャード・ファイナンスを取り扱うコースも見つけることはできませんでした。せっかくNYにあるのなら、そして金が有るのなら、ファイナンス法を充実させても罰は当たらないのではないかと思います。もっとも、ファイナンス「法」ではなく、「ファイナンス」を勉強したいのであれば、ビジネススクールであるStern School of Businessのコースを履修することで代替できると思います。
また、このCorporate Law ProgramのディレクターであるWilliam Allenがサバティカルで大学に来ていないということが影響しているのかもしれませんが、授業以外でも、例えばThe Colloquium on Corporate Lawもウェブサイトを見る限り2003年以降大したDevelopmentがなさそうですし、Eventも数は圧倒的に少なさそうです(僕は一度だけ、SEC Panel on Enforcement Remediesに顔を出しました)。また、アンケートまでとったCorporate Law Mentoring Programは、その後まったく音沙汰がありません。

他方、ロースクールでかなり頻繁にイベントやレセプションをやっている(ように見える)のが、International Taxation for Foreign StudentsとPublic Service Lawで、多くのイベント掲示やイベント出席者を見かけます。また、Professor Weilerの率いるHauser Global Law School Programも結構興味深いイベントを企画していて、僕も何度か顔を出しました

LL.M.プログラム間でTuition(授業料)に差があるのかどうか知りませんが、仮に同額であるにもかかわらずプログラム間でこのような差が生じているのだとすると、ロースクールは「Diversification Discountされるんじゃないの?」、という感じがしないではありません(実際、NYUはDiversityに非常に気を使っている大学であり、Diversityコンテストで上位であることを宣伝していますので、どのLL.M.プログラムを金字塔として打ちたてようとか、そういうつもりはもともとないのかも知れません)。Discountとは言わないまでも、ニューヨークという大都会にあることで、「NYC Premium」の存在も囁かれていることも確かです、特にUndergraduateでは。

ということで、上記のような目立って見えるプログラムに興味がある人や、コーポレートに特に興味があるわけではなく(一般教養的に)幅広く勉強したいという人には満足度が高くなると思うのですが、コーポーレートやファイナンスのプラクティスを何年かしてきてもう少し「突っ込んだ」勉強を考えている人には、場合によっては、物足りないラインアップかもしれません(もちろん、履修限度イッパイに興味のある科目を詰めると、一般的に、ワークロード的にはキツイのは否めないので、「現実的な」対応は必要かと思います)。

何度も言いますが、人によって感じ方は様々ですし、僕も個人的に全否定するつもりはないのですが、ちょっと思うところがあったので、書いてみました。 多分僕を知っている人からは、「相変わらず文句が多いなあ、お前は」って言われると思いますけど。確かにこういう点は良くも悪くも全然変わっていないことは自覚しています、ハイ。
アメリカの会社法学者の名前なんてこっちに来るまで全然知らなかったのに、CorporateとFinanceが繋がってきたり、視界がちょっと広がった気がして、調子に乗っているのかも知れませんが、ご容赦下さい^^

そして、これも何度も言いますが、最後はIt's up to you, New York, New York!なのです。

では~
[PR]
by NYlawyer | 2006-03-31 07:34 | Law School

Deconglomeration

この間の、Restructuring Firms and Industriesは、「Deconglomeration」がテーマ。
アメリカでは、60年代に企業のコングロマリット化が進行したのが、その理由として挙げられるのが、
・政府の独禁法の運用により同業企業の買収が困難となり他業種に進出せざるを得なくなった
・経営者にはもともと会社の規模を大きくしたいという欲求がある
・株主がPERが大きくなることを好んだ(というか、PERが小さくなることのない転換社債の発行を結果的に黙認していた)
という点。
まあ、どこの国でも「大きいことは良いことだ」みたいな風潮はあるものだが、コングロマリットには、以下のようなweaknessがあるとされる。
・中央集権化で会社本部のオペレーションにコストがかさむ
・せっかくFree Cash Flowを生んでも、うまく行っていない部門の損失穴埋め等に回されてしまう("subsidizing losses of poor performing units")
・会社全体あるいは部門間の財務状況が外部の投資家やアナリストには見えにくい(この不透明さが原因で株価のディスカウント="Diversification Discount" "Conglomerate Discount"が発生する)
・多分野・業種にわたる会社経営ができる経営者はあまり存在しない

e0036628_7261419.jpgこういう理由でコングロマリット化は「時代遅れ」とされ、実際にアメリカではその後バックラッシュがあり、Spin-offやLBOによるコングロマリットの解体(Deconglomeration)が流行りだすことになる(もちろん、Diversification Discountは一定のベンチマークを使う場合には認められないという研究Does diversification cause a diversification discount?やDiscountではなくPremiumを生んでいるとする研究もある)。”Diversification Discount"あるいは "Conglomerate Discount"とは、ある企業グループにA部門、B部門、C部門、D部門がある場合に、グループ全体の価値は100だけれども、A部門、B部門、C部門、D部門をそれぞれ独立のgoing concernとしてみた場合に30,30,30,30=120という、グループ全体の価値を上回る価値を有している場合に認められるdiscountをいう。これをサポートするデータも存在する。
もちろん、「多角化経営がされているのであれば、リスクが分散されて良いではないか」という指摘もあろう。
これに対しては、
・リスクの分散は投資家レベルで行われるべきもので投資先である企業が行うべきではない
・事業が多角化すると経営者に一種の「保険」を与えることなり経営者への規律が弱くなり妥当でない
という反論がなされる。
ところで、コングロマリットであるにもかかわらず、成功している有名なグローバル企業がある。それは、雑誌Fortuneが実施する「アメリカでもっとも賞賛される企業」ランキングで堂々の一位
General Electricである。GEは、「シェア1位か2位以外の事業からは撤退する」という有名な方針を(当初)打ち出したジャック・ウェルチのリーダーシップの結果、現在は以下の6業種を核として事業展開している。
・GE Commercial Finance
・GE Consumer Finance
・GE Healthcare
・GE Industrial
・GE Infrastructure
・NBC Universal

e0036628_7254913.jpgYermackに言わせるとこのGEも99年にハネウェルを買収しようとした時点からおかしくなった、実際データ上も、98年まではFCFの85パーセント(!)を自社株買いや配当で株主に還元していたにもかかわらず、その後FCFの還元は思わしくない。投資家もこの点には不満を持っているようで、ジャック・ウェルチからジェフ・イメルトに政権交代したときには、GEの一部解体(break up)を期待していたとされる。株価も以前の伸び方に比べると、最近はやや失速感があるように見える。いまや、GEにも"Conglomerate Discount"の存在が囁かれるゆえんである。詳しくは、The Economist Solving GE's big problemを。


======
「最近、Yermackの授業あんまり面白くないんですよねえ」と呟いたら、「普通の授業をしているからじゃない」というSさんの指摘が。そういえば、最近オーソドックな講義に終始している感があり、センショーナルな発言が少ないな。「フランスのデモを何というか分かるかい?テロリズムさ。」「GM(AC)の社長は今週末には辞任するよ、辞任しなかったら驚きだ(予想は外れる)」思いつくだけでも最近のYermack語録はこんなレベルだ。いまいち「パンチ」に欠ける。普通の講義をされても全然「刺激」がなくて、面白くない。やつもネタ切れならこっちもネタ切れだ笑。
この記事は、投資の推奨又は勧誘を目的とするものではありません。
[PR]
by NYlawyer | 2006-03-30 07:27 | Law and Business

Please take a close look.

e0036628_7552566.jpg

これはメキシコの春の花・ジャカランダです。まあ、日本の桜のようなものです。それにしても今年はソメイヨシノが見られなくて本当に残念です。マンハッタンにソメイヨシノは咲くのかしら。

ところで、最近、眼がかゆくてかゆくて仕方ないのですが、これは花粉症なのでしょうか。私も子供の頃は何ともなかったものの、仕事を始めてから急に花粉症になってしまい、東京にいたときは、この時期になると眼がかゆくなって仕方ありませんでした。ニューヨークには花粉症のようなものはないとどっかで誰かが言っているのを聞いていたような気がするのですが。。。

眼がかゆいということもあったのですが、先日地下鉄に乗ったとき、何度目をこすってみてもどうしても余計なものが眼に入ってきました。気のせいでしょうか。春は暖かくなってくるので珍事が発生すると言われますが、これはニューヨークでも同じなのでしょうかね。
みなさんも、眼を擦ってよくよく見てみてください。

More
[PR]
by NYlawyer | 2006-03-29 08:05 | Colors of New York

ライオンの脱走

日本では桜が咲いて今週末にも満開になるようですが、ニューヨークはまだちょっと肌寒い日が多いような気がします。それでも金曜日からの週末のタイムズスクエアの人の多さには、ちょっと辟易。しかも、以前よりも暖かくなっているからか、観光客もなんだかうるさいくらい元気が良いです。夜はなにか吼えながら歩いていますし。

そんな中、あまり知られていないようですが、タイムズスクエアからライオンが、逃げ出したのかそれとも他人の助けを借りて脱出したのか、一匹行方不明になっていて、個人的にはとても気がかりです。なにせライオンとしても冬眠を終えたばかりで(?)活動的になる今日この頃ですので、人で溢れるタイムズスクエアに出没したときに、人間に噛み付かないか心配です。ニューヨーカーや観光客はどんな騒ぎになることか。このライオン、どこに行ってしまったのでしょうか。

More
[PR]
by NYlawyer | 2006-03-27 15:04 | Colors of New York

メキシコ滞在記4 to be continued...

今回のメキシコ旅行は遺跡めぐりの旅だから、バスによる移動が多かった。だから、実はメキシコシティを含めてあまり街に繰り出していないのだが、街の写真をいくつか。
メキシコシティ
e0036628_9525165.jpg
e0036628_953348.jpg
e0036628_9531438.jpg

プエブラ
e0036628_9574818.jpg

e0036628_953411.jpg

e0036628_9565127.jpg

e0036628_9535346.jpg
e0036628_954591.jpg

写真を整理するのが結構大変なので、写真つきで紹介するのを端折った遺跡もある。
例えば、Cholula遺跡は、バスで結構走った割にはimpressiveではなかったなあ。
http://www.delange.org/Cholula2/Cholula2.htm
http://www.delange.org/Cholula/Cholula.htm

もう一つは、カンクンからバスで2時間くらいのTulum遺跡。これはカリブ海に面した岸壁の上にある遺跡で、カリブ海の青と、砂浜の白と、遺跡内に生える芝生の緑と、ユカタンの空の青とで、何とも素晴らしい景色だ!しかし、カメラを忘れ写真は無いので、こちらのツアーをお楽しみ下さい。

あと、教会も、数えていないが、かなり見たはずだ。
グアダルーペ寺院にあるマント:カトリック3大奇跡の褐色の聖母の物語
e0036628_9542135.jpg


年末にアルゼンチンとブラジルにも行ったし、中南米の雰囲気は何となく分かった気もする。だから、中南米は当分いいかなと思っている。まあ、ちょっと飽きたしね^^
が、実はメキシコ人LLMの結婚式に呼ばれているので(ほんとに声かけられた)8月に日本に帰る前にもう一度、メキシコに行くことになるかも。でも彼がアメリカの法律事務所に決まりそうで、そうするとメキシコでは結婚式はやらないかも、だって。
ところで、この滞在記に食事の話が出てこないのは、個人的にはイマイチだったから。でも、メキシコでの結婚式って、多分、伝統的メキシコ料理だよねえ。。苦笑
e0036628_9523483.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-03-26 11:27 | Travel

メキシコ滞在記3 ~Chichen Itza~

さて、メキシコシティからカンクンに移動し、マヤ文明の遺跡、Chichen Itza(チェチェン・イツァー)へ。
カンクン中心部からはバスで3時間あまり。森を切り開いて造られた道路をひたすら走り続ける。
e0036628_1339153.jpg

Chichen Itzaは、もともと平地のジャングルの中にあったこともあり、スペイン人の侵略者による発見を免れた。だから、破壊されることもなく、他の遺跡に比べれば保存状態は相対的に良かったようだ。
まず遺跡の位置関係を
e0036628_13553248.jpg

The Pyramid of Kukúlcan(ククルカン神殿)
Teotihuacanのピラミッドもそうだったけど、このピラミッドも傾斜はかなりきつく、40度くらいはあるようだ。06年1月に観光客が階段から落ちて亡くなったため、今は登ることはできない。
e0036628_13393375.jpg

この遺跡の特徴は色々あったが、遺跡にも若干飽きてきてあまり聞いていなかったので忘れた。
ただ、一つだけ面白い現象が毎年、春分の日と秋分の日に発生する。両日に差し込む西からの陽がピラミッドの一辺(↓の写真)に当たり、北側の階段側面に影を造る。
e0036628_13514799.jpg

すると、その階段側面に蛇のイメージが現れる。階段の一番下は蛇頭だ。彼らもまた天体の動きを把握していたことが分かる。しかし、それだけではなく建築技術も持っていたということだろう(これは写真を撮れなかったので、こちらのサイトを参照)。
e0036628_13524987.jpg

この日は18日だったが、撮影クルーがカメラをセットして準備をしていた。
e0036628_13401227.jpg

The Ball Court(競技場)
e0036628_13403061.jpg

勝ったチームのキャプテンは生贄とされた。競技場内の一定の場所に行き声を上げたり手をたたいたりすると、やまびこのように声や音が反響する。実際、建物の壁には反響効果を考えて、やや傾斜を持たせている。
e0036628_13584572.jpg

Platform of Venus(金星の台座)
e0036628_13405616.jpg

Temple of the Warriors(戦士の神殿)
e0036628_13421773.jpg

e0036628_1342346.jpg

周りにある柱も印象的だ。
e0036628_13425290.jpg

Temple of the Warriorsから見るピラミッド
e0036628_13431763.jpg

The Sacred Cenote(聖なる泉)
遺跡の中心部からは少し離れたところにある、地質の関係で陥没してできた池のようなもの。
e0036628_13433854.jpg

生贄とされた人間(マヤ人であることもあったが、生贄とするために奴隷を調達することもした)をここから放り投げたとされる。生贄は神にささげるものだから装飾品を身に纏うことが多い。したがって、池の底には死体だけではなくそれら装飾品も沈んでいることになる。そこで、あるアメリカ領事はこの一帯を買収し、遺体が身につけていた貴金属やヒスイを水底から拾い上げ、富を得たという。名実ともに、死体に群がる「ハゲタカ」である。
e0036628_13435436.jpg

Chichen Itzaは新しい遺跡と古い遺跡とに分かれている。今までの写真は新チェチェンで、これから下の写真は旧チェチェン。
e0036628_13441320.jpg

The Observatory(天文台)
マヤ人は、一体どのようにして天体の動きを知ることができたのだろうか。
e0036628_13443540.jpg

e0036628_13444818.jpg

The Nunnery(尼僧院)
この建物もTeotihuacanと同じように、古い建物の上に覆いかぶさるように新しい建物が造られている。
e0036628_13451113.jpg

e0036628_13452586.jpg

なお、一目瞭然というべきか、メキシコシティに比べてユカタン半島の空は青い。

衝撃公開!NYlawyerの勇姿
[PR]
by NYlawyer | 2006-03-24 14:01 | Travel

メキシコ滞在記2 ~In the Fields of Gold~

メキシコシティからおよそ50キロのところにあるTeotihuacan Pyramids(テオティワカン)へ。
文字等の文献が発見されていないこともあって、どんな人たちがここに住んでいたのか、分かっていない。アステカ人がこの地に入ったときには、建物はすでに破壊ないし消失していたと言われている。もちろん、その後スペイン人が発見したときには、アステカ人はここには居ない。仮説の上に別の仮説が唱えられているのだ。
この地域の遺跡の特徴は、ピラミッドに限らず建造物を52年ごとに改築ないし増築していること。だから、いま現在目に見えている建物の中に別の建物が存在していることが少なくない。彼らはすでにある建物に覆いかぶせるようにブロックを積んで建物を造っていったのだ。
e0036628_3445380.jpg

The Avenue of the Dead(死者の大通り)
南北に走るおよそ5キロあったといわれる中央の大通り。いまは半分の2.5キロが復元されている。
e0036628_3451173.jpg

Pyramid of the Sun(太陽のピラミッド)
この一角では東に位置する中心的ピラミッド(222m×225m、高さ65m)。北緯19.5度に位置するテオティワカンでは、5月19日と7月25日の正午に太陽がピラミッドの真上にくる。ピラミッドの真上には、太陽の光を集めるかのように、小さな銀の塊が埋め込まれている。これを造った民族は太陽や月の動きを理解していたと言われている(つまり、上記日時に太陽が真上に来るようにピラミッドの場所を選んでいる)。
e0036628_3453394.jpg

太陽のピラミッド頂上から北西方向。右に見えるのは月のピラミッド。
e0036628_3462210.jpg

Pyramid of the Moon(月のピラミッド)
この一角では北に位置する、120m×150m、高さ43mのピラミッド。
e0036628_3454867.jpg

月のピラミッド頂上から南方面・死者の大通りをのぞむ。
e0036628_346380.jpg

少し南に離れたところにあるケツァルコアトル神殿。
上記2つのピラミッドとは異なる民族が造ったという説もアリ。
e0036628_3463886.jpg

e0036628_3465375.jpg

ケツァルコアトル神殿前の死者の大通りから、北方向。
二つのピラミッドが見える。
e0036628_3524880.jpg

e0036628_3561832.jpg


Teotihuacanは、"City of the Gods"を意味するらしい。 かつて存在した都なき今、まだほとんど解明されていないこの地は、現代の"Fields of Gold"なのかも知れない。
You'll remember me when the west wind moves
Upon the fields of barley
You'll forget the sun in his jealous sky
As we walk in fields of gold

So she took her love for to gaze awhile
Upon the fields of barley
In his arms she fell as her hair came down
Among the fields of gold

Will you stay with me, will you be my love
Among the fields of barley
We'll forget the sun in his jealous sky
As we lie in fields of gold

See the west wind move like a lover so
Upon the fields of barley
Feel her body rise when you kiss her mouth
Among the fields of gold

I never made promises lightly
And there have been some that I've broken
But I swear in the days still left
We'll walk in fields of gold
We'll walk in fields of gold

Many years have passed since those summer days
Among the fields of barley
See the children run as the sun goes down
Among the fields of gold
You'll remember me when the west wind moves
Upon the fields of barley
You can tell the sun in his jealous sky
When we walked in fields of gold
When we walked in fields of gold
When we walked in fields of gold

Fields of Gold by Sting
Album: Ten Summoner's Tales (1993)

e0036628_3482197.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-03-23 03:56 | Travel

メキシコ滞在記1

JFKから4時間のフライト。メキシコに行ってきました。「メキシコでメキシッコ」とか言っていた小学生時代には考えられなかったことです(ネタが古くてすみません)。参考:メキシコ基本情報
まずはメキシコシティの写真をアップ---
e0036628_13395328.jpg

今日メキシコシティがあるところには、もともと古代アステカの都テノチティトランがあった。テノチティトランは「蛇をくわえた鷲が降り立った地を都にせよ」というアステカの神話に基づき作られた都だが、もともとは湖があったところ。つまり、メキシコシティは湖の広大な埋立地なのだ。だから、世界遺産となっているカテドラル(↓)などの歴史的建造物も地盤沈下でかなり傾いているものが多い。

カテドラル(Catedral Metropolitana)
1573年起工・1813年完工、アメリカ大陸最大
e0036628_1362262.jpg

e0036628_1364141.jpg

ソカロ広場(PLAZA DE LA CONSTITUCION)
広場としてはモスクワの赤の広場に次ぐ、世界第2位の大きさ
e0036628_137499.jpg

確かに大きくて全貌を収めるのは難しい。
e0036628_1373339.jpg

ソカロ広場に立てられているポールの影の部分で涼んでいる人々(これは示し合わせたギャグなのだろうか?)
e0036628_1374819.jpg

国立宮殿(Palacio Nacional)
国立宮殿もカテドラルもソカロ広場に面している。
e0036628_1315798.jpg

軍隊(MP)も常駐。屋根の上にはライフルを持った兵士も。
e0036628_1381633.jpg

宮殿の中には、メキシコの歴史を描いた壁画がある(後述)。
e0036628_1315246.jpg

宮殿付近の風景
フォルクスワーゲンのメキシコ工場で旧型ビートルを世界的に最後まで生産していたこともあって、旧型のビートルもタクシーとして多く走っている。
e0036628_13123522.jpg

e0036628_1391767.jpg
e0036628_1393123.jpg

ちなみに、2,200メートルという高い標高によるものなのか、人口2,000万人がひしめく故の大気汚染のせいなのか、ちょっと息苦しい感じがする(なかなか息を飲めない、という感じ)。乾季であることも影響しているのだろう。光化学スモッグのせいで、メキシコシティの空は、ブエノスやリオの「抜けるような青い空」ではなかったのが残念。
e0036628_13462174.jpg

メキシコシティは盆地なので奥に山が見えるはずなのだか、ご覧のとおり、霞んでいる。これは明らかに自然の霧や靄ではない。

Palacio Nacional内の壁画はこちら
[PR]
by NYlawyer | 2006-03-21 13:50 | Travel

South of Our Border

ということで帰ってきました。詳細は後日アップします。
e0036628_13183837.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-03-20 13:19 | Travel

The City in Warmth

金曜日に一気に春めいたニューヨーク。
土曜日も朝からポカポカ陽気で、街に繰り出す人も車も一気に増えた気がする。
暖かいとNYFDの消防車のサイレンも少し柔らかく聞こえるような気がする。
やっぱり、ニューヨークはなんだかウキウキする街だ。
と、同時に、日本の桜も懐かしくなる。
ロースクールも来週1週間はSpring Break。
僕は国境の南へ足を踏み入れる-
e0036628_8565517.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-03-13 08:57 | Colors of New York