約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

あれから一年

土曜日なのに朝9時前に電話がかかってきた。
寝ていたので一度は留守電に繋がって切れた。が、またすぐかかってきた。
なんだか嫌な予感がした。
電話は母親からで、祖母が危篤だという。
一瞬耳を疑った。背中が痛いと入院していたのは知っていたが、体調が悪いだとか病気だとか聞いていない。
親父はすでに病院に向かっているという。すぐに着替えて東京駅に向かう。
病院の最寄駅について親父の携帯に電話する。「なんだ、来たのか」

ともあれ、病院に着いた。
なんだか異様に病室が静かだ。
聞くともう息を引き取っているという。
・・・意味が良く分からない。
なんで俺に電話しないのかと親父に問い詰める。
聞くと、携帯にメールを打ったじゃないかという。そんなメールは届いていない。
もうすでに祖母は冷たくなっていた。
信じられないくらい、痩せていた。

葬儀屋の手配や病院撤収も準備も始まった。
不思議と涙は出てこない。
現実を受け入れていないのだ。実感がぜんぜんない。
そういえば朝飯を食べていないので腹が減った。こんなときにも腹は減るのか。
葬儀屋が来るまで、男二人で近くのファミレスで食事をする。まだ、11時前だ。
今日は連休の初日。朝から天気も良い、絶好の行楽日和。
毎年GWのどこかで必ず祖母の家には顔を出していた。連休を通じて家族がいるようになっていた。
本当に毎年のことだ。
祖父が眠る仏壇に線香をあげて、庭の草刈をし、茶飲み話に付き合う。
今年もそうなるはずだった。
しかし、今年の連休は違う。
家の主が亡くなってしまった。

親父の携帯からのメールは事務所のアドレスに送られていた。
電車で病院に向かっている途中に息を引き取っていたようだ。
そんなところでミスするような親父ではない。
本人も相当動揺していたのだろうか、と今は思う。

今日で、祖母が他界してから一年である。
e0036628_135446.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-04-30 13:54

Last Class at Law School

追記) ↓と、書いた後でそらまめRRZさんのLast Classを拝見すると、なんだかいい話があるじゃないですか(憲法っていう科目の性格もあるかも知れませんが)。。。ちなみに僕の最後の授業はYermackだ(彼はどちらかというと茶化し系)。

あとは、ロースクールより授業開始が遅かったビジネススクールでの講義を残すのみ。
去年渡米する前に読んだRemember Who You Are: Life Stories That Inspire the Heart and the Mindに描かれている最終講義(@ハーヴァード・ビジネス・スクール)は、教授が目の前の学生たちに人生についてのメッセージを贈る時間だった。
しかし、そんなものはロースクールには、残念ながら存在しない笑。
淡々とシラバスに沿って進み、時間通りあるいはいつもより早く講義を終えるだけで、自分の体験に基づく感動する話も学生を鼓舞するような内容の話もない。
そもそも、そんな感動秘話を披露したところでlawyerはシニカル?冷めている?ひねくれている?から、せいぜい「へー」って受け止めるくらいだろう。
ニュースになるような企業の買収やファイナンスの世界も華やかに見えるが、中にいるlawyerの仕事は本当に地味でマニアックな作業である。lawyerも華やかなキャラっていうのはあんまりいない(事務所によってカルチャーに差はありますが笑)。
ま、そんな「役割」を再確認する意味で、Remember who you areか.
e0036628_5122459.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-04-26 05:16 | Law School

花笠と傘雲

週末、マンハッタンにはまとまった量の雨が降ったが、日曜日の午後には雨が上がった。
e0036628_2131669.jpg

月曜日は朝から雷。なんともスッキリしない朝である。
e0036628_21231434.jpg

写真は昨日の夜。ミッドタウンウエストのハドソン川近くはコンドミニアム建設ラッシュ。夜でも工事をしているらしく、低く垂れ込めた雲か霧に照明が反射していて少し不思議な雰囲気だ。
[PR]
by NYlawyer | 2006-04-24 21:28 | Colors of New York

Toward the end of Semester

早いもので来週からFinal Examである。

前にも書いたと思うけど当ロースクールでは最終講義後試験開始前の試験準備期間というものがない。LLMとJDとで試験時間や成績の付け方に差をつけるということもない。
この辺は日本人に限らずLLMには結構不満があるようで、先日も少し話題になったのだが、やはり一年しか居ないLLMに対するケアは決して厚いとはいえない(もう少しこじんまりした学校では、親身になっていろいろ世話を焼いてくれると聞く)。コモンロー・判例法の国で法律を勉強するにあたってのイントロダクションや、セメスターの過ごし方、試験勉強の仕方、答案の書き方、判例検索の仕方(WestlawやLexisNexisの使い方)、過去問やアウトラインの保存場所などについてロースクールの方が教える機会はなく、ウェブその他与えられた媒体を読んで気づくとか、友人から教えてもらってはじめて気づくというお寒い状況である。まあ、はっきりいって非効率であるしフェアでもない。

もちろん、留学生が250名もいてマジョリティなのでアクションをとることもできるのだが、そこは所詮一年しか共に過ごさない間柄。それらの事情で、声はあったとしても反映はされにくいようだ(典型的な、collective action problemですね)。そらまめRRZさんのエントリー:AdvocacyとPrejudice
まあ、言い出したらキリがないんですけど。

====

昨日木曜日の23:59までに労使交渉が決着しない場合は、マンションやコンドミニアムのドアマン、コンシェルジュ、修理工たちのユニオンがストに突入する予定だった。なんでもピケラインがはられれば入り口に警備員を配置するとか、IDとパスポート他身分証明書がなければ住民も玄関から中へ入れてもらえないとか、ゴミは自分でゴミ捨て場までもって行くことになるとか、ストになるとこれまた面倒くさそうだったけど、ぎりぎりで合意・ストは回避されたらしい。
e0036628_12112376.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-04-22 12:34 | Law School

Shadow

e0036628_1042551.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-04-21 10:43 | Colors of New York

夏の予感

e0036628_10561967.jpg


もういいんじゃないかな・・・
[PR]
by NYlawyer | 2006-04-20 10:57 | Rockefeller Center

The world is yours, my son.

e0036628_11312783.jpg

In Cancun
[PR]
by NYlawyer | 2006-04-19 11:32 | Travel

Corporate Raiders

秋学期に履修した科目も入れると履修はいわゆるCorporate系の科目で固めています。具体的には、Corporations、Corporate Bond、M&A、Restructuring Firms and Industriesというラインアップです。内容的には重なる部分も多いのですが、そこで気づくのは、これらの科目を通じてしばしば登場する「個人」の存在です。
個人というのは、例えば、Boone Pickens、Karl Icahn、Ronald Perelman、Kirk Kerkorian、Michael Milkenという面々で、Corporate Raiderというのは、要は会社の乗っ取り屋(及びその関係者)のことです。

e0036628_302584.jpgBoone Pickensは、麻布自動車の傀儡として小糸製作所の株を買い占めたことで日本でも有名ですが、日本でも浸透してきたユノカル事件のUnocalを買収しようとした当事者でもあります。










e0036628_30476.jpgKarl Icahnは、最近ではAOL Time Warnerの株式を取得して自分の指名する人物を取締役に据えようとしたりAOL Time Warnerに自社株買いを要求していたraiderで、かつてのTWAという航空会社買収でも有名です(TWAFlight800がニューヨーク沖で墜落したことがあって個人的にはそのニュースを良く覚えている)。











e0036628_312283.jpgRonald Perelmanは、これまた日本でも浸透してきたレブロン事件のRevlonを敵対的な形で買収することに成功した男で、女優のエレン・バーキンと4度目(?)の結婚をしたりとかで私生活でもいろいろと話題を振りまいている男です。











e0036628_314941.jpgKirk Kerkorianは、以前はクライスラー、最近ではGMの株を買い占めておりGMには自分のパートナーを取締役会に送り込んでいます。GMもいよいよ追い込まれているようですので、彼としても苦しい局面にあるのではないでしょうか。







その他にも、少し前のWSJに「長い沈黙を破ってまた有名なRaiderが活動を開始した」みたいな記事があったのですが、名前を忘れてしまいました。
彼らは典型的には、会社を買収しあるいはコントロールを握らないまでも会社の経営に影響力を及ぼすために株式を買収して、会社に資産や(ノンコアの)事業を売却させ、配当その他で株主である自分が利益を得ようとしているわけですが、これらの買収は自己資金だけで行なうことはなく、大体の場合、ローンや社債という形でデットで資金調達をします。

e0036628_321322.jpgRaiderたちがそのデットを調達するために頼りにしたのが、Michael Milkenという男です。彼はDrexel Burnham Lambertで働いていたトレーダーですが、この会社はジャンクボンドのセールスでは有名で80年代はこの世の春を謳歌していたようです。"Two tier bust-up junk bond financed takeovers"というときの"junk bond financed"の部分はMilkenのような男が担っていたわけです。







このように一部の超金持ちあるいは金持ちから資金運用を委託された個人が、新聞紙上も含めて、しばしば登場するのですが、彼らは会社の買収を「仕事」としています(ただ、プライベート・エクイティ・ファンドのようなファンドと少し違うのは、彼らは基本的には自分の金を運用しているという側面が強いという点です)。

もちろん、食べるための金を稼ぐことだけが仕事をする目的ではありませんが、彼らは(刑務所にぶち込まれた連中もいますが)すでにB/Millionaireになっており、お金には全く苦労していないと思われます。にもかかわらず、いまだにRaiderとして現役を続けるその動機は何なのでしょうか。何が彼らを駆り立てるのでしょうか。

それが仕事だ、と言ってしまえばそれまでなのですが、どうもしっくり来ません。もちろん、投資家を募ってファンドを組成してそのお金を運用しているケースもあるので、対投資家との関係で、「もう、やーめた」と言うわけにはいかないのかもしれません。しかし、自分で引退を決められない訳ではないはずで、やはり彼ら自身が現役続行を希望していると見るのが正しそうです。この点は、成功した投資銀行や起業家が若くしてリタイアするのとは対照的だな、という印象を受けます。

また、興味深いのは、この種の金持ちは慈善活動への寄付に精を出していることで、結構な額を慈善活動や団体に寄付しています。自分は短期的な利益を追求しているのではなく長期的な経営や株主利益にコミットしているのだ、というコメントを繰り返していることも共通しているところです。

e0036628_394291.jpg共通点といえば、彼らがCorporate Americaのいわゆるエスタブリッシュメントではないという点も共通しており、「会社経営者」というような肩書きを欲しているという点もないではないようです。貧しい家に生まれたのでそのハングリー精神で24/7働き続けているのだという見方もありますが、全ての人が貧困家庭の出身というわけでもなさそうです。

日本で乗っ取り屋というと、今まではほとんどの場合ブラック社会あるいは其処に近い社会と繋がっていたわけですが、アメリカのCorporate Raiderがいわゆるブラック社会と繋がりがあるような人たちなのか、本当のところはちょっと分かりません。ただ、ブラック社会とまではいかなくても、エスタブリッシュメントからは毛嫌いされる存在であることは間違いなさそうです。


(続く)
[PR]
by NYlawyer | 2006-04-16 03:14 | Law and Business

Ferrari

道を歩いていると甲高いエンジン音がしたので眼を向けるとフェラーリが走っていた。多分、360モデナ。うーん、格好いい。個人的には少し古くなったけど、348TB(↓)がイイ。
e0036628_1735017.jpg

マンハッタンでもたまにスーパーカーを見かけることがあって、フェラーリのほかにもランボルギーニがそれこそゴキブリのように路面に張り付くように走っていたのを見たことがある。しかし、車高の低い車がマンハッタンを走るのは自殺行為である。歩道も車道も舗装がメチャククチャで、凸凹だらけだからである(そういえば最近アパートの近くのアベニューで舗装工事をしているのだが、これがうるさくて仕方ない)。だから、何処かの段差で「ゴリゴリ」するのは明らかなのである。
ところで、アメリカ人は縦列駐車がへたくそな人が多いような気がする。だから、車を路上駐車するときは擦られることは覚悟した方がよい。ちょっと前に、バンパーで前の車を突っついてスペースを作っている車がいた。公然と「玉突き」を行なっているのである。そうでなくても縦列駐車中にゴリゴリしている車はたくさん見かける。だから、こちらではBMWだろうが、レクサスだろうが、バンパー周りは傷だらけである。

フェラーリとアメリカで思い出したがYermackはイタリアやフランスを小バカにする発言が多い。この間も、(前後の文脈は無視するが)
「フィアットが高級車を造るって言ったって誰も信じないだろう?」
とか何とか言っていた(ちなみに、彼はGMもこき下ろしている)。
何いってんだよ、Yermack君。アメリカ人にこの曲線を持つフェラーリが造れるのか?造れないだろう。
e0036628_171582.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2006-04-15 17:16

●Broadway

e0036628_10464983.jpg


More
[PR]
by NYlawyer | 2006-04-13 10:48 | Colors of New York