「ほっ」と。キャンペーン


約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

お気に入りブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
TJアドバイザーズ代表T...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Central Park at Dusk

Sheep Meadowを中まで進み、今来た路を振り返る。
e0036628_1216494.jpg

東の空の月がはっきり見えるようになってきた。
e0036628_1214595.jpg

西の空は太陽がまだ沈みきっておらず、靄がかかっているような白い空になっている。
もう薄暗いのだが、それでも結構な数の人が芝生の上でたむろしている。
[PR]
by NYlawyer | 2007-05-31 12:17 | Central Park

Market Standard

少し前に疲れる理由として「日米M&Aのスピード感の違い」と「マーケット動向に関する知識の無さ」を挙げてみたものの、「日米M&Aのスピード感の違い」について書くのはいろいろと難しい。そこで、自分の「マーケット動向に関する知識の無さ」について書いてみることにする。

いま手伝っているPEファンドの買収にかかわるfinancingのドキュメントにも、その意味が分からない用語が結構頻繁に出てくる。
例えば、“covenant-lite”とか"financing out"とか"due diligence out"といった用語の意味が分からない。意味が分からないので先例をサンプルとして読んだり、調べてみるなりして、何となく意味が分かったとする。問題はここから先で、これらの条件が現在のマーケットでスタンダードなのかという一般論と、個別案件としてどこまで受け入れ可能なのかという個別論での「レベル感」になると、正直もうお手上げである。

例えば、"flex"を付けるのか付けないのか、"flex"を付けるとしてもクロージング後何日とするのが現在のプラクティスとして一般的なのか、僕には知る由もない。また、クライアントの方も自分のファンドが手掛けた先例・案件については把握していることが多いが、他のファンドを含むマーケット動向について熟知しているという訳でもなさそうだし、時期が経てば趨勢も変わるということで、この辺の「レベル感」についても弁護士に問い合わせたりしているようだ。ということで、「コミットメント・ペーパーをマークアップしろ」と言われてもこれらのジャッジメントは日本人には難しい。

もちろん、常識的な「落としどころ」というのはどんな分野にもあって、その落としどころに詳しいことが専門性を持つことの一つの条件なのだろうと思うし、自分の拙い経験からしてもその辺に関して依頼者から頼りにされると嬉しいものだ。ただ、「これがいまのスタンダードなんですよ」といってみてもその背景にはいろんな動機や思惑があることもあるし、ちょっと探りを入れてみてもUSの投資銀行等でM&Aをやっている人も“covenant-lite”等を知らないようだし(レンダーサイドに知り合いがいないので聞けていないが。)、本当にこれがマーケットで広く認知されていると言い切れない部分はある。
また、新しい発見があるから興味深いのだが、USマーケットや投資家の存在を前提にローンや社債がこのように商品設計されている以上、同じ仕組みが日本でそのまま通用するというわけでもない。日本でも交渉の場で「USでは●●となっているんですけどねえ」という人を見るが、それってただの・・・(以下省略)。もちろん、僕は結構ミーハーなので「日本で最初にやりたいんです」というときは、喜んでお手伝いします笑

それに、ここまで読んで感じた人もいると思うが、こういう話ってリーガルの問題なのかという気もする。アメリカの弁護士が、弁護士なのかビジネスマン(ビジネスコンサルタント)なのかよく分からなくなるのは、こういうときである。日本の弁護士も凄いレベルになればなるほど、リーガルアドバイスに加えてstrategicなアドバイスを期待されるようだが、アメリカではその辺の需要がより一般的に存在しているような気がする。この違いがどこから来るものなのかは、よく分からないが。
e0036628_12481987.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-30 02:27 | Law Firm

Central Park at Dusk

大きな岩盤がある南東の入り口からSheep Meadowに足を踏み入れると、アッパーウェストに向けて視界が開ける。
e0036628_1137415.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-29 11:38 | Central Park

Central Park at Dusk

日中は暑くて外に出る気がしない。
夕方(といっても7時過ぎ)になって吹く風が涼しくなったので、清涼を求めてセントラル・パークへ足を伸ばす。
e0036628_11581769.jpg

e0036628_11473066.jpg

東の空には月が出ていた。
今週は夕暮れのセントラルパークの写真のみで行く予定。
[PR]
by NYlawyer | 2007-05-28 12:00 | Central Park

The deal is hot again.

アメリカは来週月曜日はメモリアルデイで休みなので、今週末は3連休。

金曜日の夜食事会を終えて家に帰ったあと、また飲みに行ってしまい、家に着いたのは明け方だった。土曜日の昼過ぎに起きてブラックベリーを見ると、恐ろしい数のメールが入っている。サスペンドになっていたディールが今週頭から動き出しているのだ。週末は待機命令が出ていて連絡先まで提出させられたので少し嫌な予感がしていたが、ホントに盛り上がってしまっている。現在、ファンナンシングのビッドをしていて、アレンジャー候補からのタームシートやコミットメントペーパーを比較検討しているのだが、最近ようやくUSスタイルのタームシートにも慣れてきたし、もともとこの種の案件は嫌いではない。

ただ、僕は昔から家で仕事をするというのは好きではない。そんなの好きな人がいるのかというのはその通りなのだが、ノートパソコンはやはり使いづらいしページ数の多いドキュメントも読みにくい。事務所に待機している紙専門部隊(document production)に頼んでプリントアウトしてもらい自宅まで届けてもらうことも可能なようなので、今度からはそうしようかと。

シニアのアソが22時頃外出するというのでそれまでに彼に廻さなくてはならず、ブツブツ言いながらも自分のパートを何とか夕飯までに終わらせる。夜は事務所の1年生アソシエイト数人と一緒に中華料理に行く予定だったが、遅れてしまった。どうしてこのメンツでつるむようになったのか思い起こしてみるに、仲良くなったきっかけは冬にあったアソシエイト研修であった。今では定期的に出かけるようになっているが、僕は帰国してしまうし、そのうちの一人はイェール→ハーバードでカムロードの秀才だがさらに勉強するため事務所を離れるので、こういう集まりもあと少しか。NY生活は期間限定とは分かっているものの、やはり寂しいものだ。

それにしても、昨日も今日も夏のように暑かった。
ついでに今日の中華料理は美味しくてしかも安かったが、とても辛くて一人で汗をかきまくっていた。
e0036628_1423493.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-27 13:50 | Colors of New York

Salsa

少し前にスケートリンクが撤去されて、しばらくオープンカフェになっていたところが、先日は生演奏をBGMにしてサルサを踊る人たちでごった返していた。イモムシみたい。
e0036628_15183840.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-25 15:20 | Rockefeller Center

In the Vicinity of Night

e0036628_13215813.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-23 13:24 | Colors of New York

中国のブラックストーンへの出資

China to Buy a Stake in Blackstone(NY Times)
China Says It Made Blackstone Investment to Raise Returns(NY Times)

中国が外貨準備金を米投資ファンドのブラックストーンに出資するらしいのだが、これには軽い衝撃を受けた。
ま、政府主導の資本主義経済(ん?)だからできるのかも知れませんが、それにしても発想がすごいというか、柔軟というか、戦略的というか。。
e0036628_13322228.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-22 21:20 | Law and Business

How was your weekend?

今回はかなり内輪ネタです。ご了承ください。

土曜日夜はNYでかなり親しく付き合ってもらっている友人の一人であるitsanyclife氏宅のHouse Warming Partyを兼ねたサロン・ド・ニューヨークへ。
"House Warming Party"とは、新しく入居した部屋などをお披露目するパーティーのようなものであるが、itsanyclife氏のアパートは築●●●年という低層アパートで、レンガ作りの壁と暖炉がある。文字通り映画に出てくるような、かなり憧れてしまう部屋であるが、日本人がニューヨークに来てこういう部屋にいきなり住むのは結構難しいと思う。
itsanyclife氏はNYの投資ファンドでバリバリ働いている兄貴のような存在であるが、他の面子もいつもの顔なじみ(日系メーカー、ヘッジファンド、LP系、銀行系)で、気の置けない人たちである。それに加えて、今回は、ブティック系投資銀行のひよっこバンカーも参戦(←彼女募集中)。あと、itsanyclife氏の弟さんも来ていて、むちゃくちゃ爽やかなコンサルタントであった(しかし、この兄弟はほんとにすごい)。
サロン・ド・ニューヨークが、この夜のUpper Westで、一番輝いていた部屋に違いない。

ほとんど寝ずに起きた日曜日は、これまたitsanyclife氏と、そのMBA仲間でヘッジファンド勤務のアメリカ人と、ひよっこバンカー氏とで、ゴルフ。休憩中に、前回一緒にラウンドしたアメリカ人の中年男性とばったり会う。
ゴルフは、昨年11月の47th氏追い出しコンペのうちの一つに参加して以来ということもあって、ドライバーが悲惨。。前半早くも2ホール目で帰りたくなったが、後半からはドライバーが当たりだし、なかなか気分よく終わる。後半はスコアこそ良くないが、内容的にはさほど悪くなかったので、来週にもまた行きたいくらいだ。
何よりも、この時期のゴルフ場は、緑がまぶしくて最高に気持ちよい。この日も前日まで降っていた雨が上がり、快晴に。頭上の青い空を、JFKを飛び立ったジェット機が航路を北にとって飛んでゆく。時折吹くそよ風が、新緑の匂いを運んでくる。その新緑の匂いが、なぜか軽井沢の新緑の匂いに似ていて、日本を少し思い出す。そうすると、また涙がこみ上げ・・って、ここはゴルフ場。花粉か何かで目が痒い。
何はともあれ、この時期のニューヨークの緑が、一年で一番美しいに違いない(ちなみに僕にはプレー中にデジカメで撮った写真をブログにアップするなどという余裕はナイ)。

その後、いったん部屋に戻ってシャワーを浴びて、今度は悪友R氏のホームパーティーR's Barへ。日本人は数名で、ラテン系・ヨーロッパ系の参加者が多い。寿司や手作りちゃんこやカレーが振舞われていたが、僕はお好み焼き作りを少し手伝う。
しかし、サーブされる日本的料理に似つかわしくないのが、この部屋から南に抜ける「ザ・マンハッタンッ」の夜景である。うまく表現できないが、この夜景を見ていると自分が今どこにいるのか分からなくなるような、そんなヴューである。
さらにさらに、そんな「ザ・マンハッタンッ」な夜景に似つかわしくないのが、純日本人顔の当事務所きってのスーパー・マジシャンT氏による、マジックのオンパレード。彼のマジックは自分は数回しか見たことないが、本当にうまい。この日も、ラテン系参加者を中心に盛り上がっていた(はず)。マジックは大成功で拍手喝さいだったが、そんなセミプロ級の腕前を持つT氏も、本番前にかなり緊張していたなんて、そんなこと僕は死んでもいえない。

衝撃の告白も聞けて僕とR氏はますます盛り上がる。R's Barが、この日のMidtown Westで、一番ヒップでハップな部屋だったに違いない。ま、あのお方は寝ていましたが。。。

ということで、かなり充実した週末であったので、"How was your weekend?"と聞かれても今週は何とかネタは持ちそうだ。いつもはそんなことはなく、大したことをしていないのに、「いやー、楽しかったよ」と答えなくてはいけないのが、ちょっと億劫なのですが。
e0036628_13433985.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-22 00:22 | Colors of New York

Movies

Shrek the Third
これは、大人でも結構楽しめるらしい。

Blood Diamond
これは、女性に見せると「ダイアモンドが欲しい」などと言わなくなるかも知れない(と、誰かが言っていた)。

Spider-Man 3
これは、どうか?
e0036628_14214233.jpg

[PR]
by NYlawyer | 2007-05-19 14:29 | Colors of New York