人気ブログランキング | 話題のタグを見る


約10年ぶりのアメリカ上陸。ニューヨークでの生活、写真。


by NYlawyer

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

Ball Game
Central Park
Colors of New York
Law and Business
Law Firm
Law School
NYC Art
NYC Bridge
NYC Restaurant
Rockefeller Center
Thought On...
Travel
Washington Sq. Pa

以前の記事

2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2003年 12月

フォロー中のブログ

七里ヶ浜だより Lett...
ブログヨコハマ
街の風景 ~横浜・東京篇~
LAT37N”
Notes from N...
ヨコハマな日々
アルファアドバイザーズ代...
NED-WLT
Cutting Edge
京都の旅・四季の写真集
京都写真(Kyoto P...
ウォールストリート日記
NY THEMES
お散歩日和 ー京都の風ー
Snap of 鎌倉
Tori Box
NewYorkScenery
Life @ Harva...
tempo rubato...
日常写真
IMD留学記
It's a Small...

ライフログ


パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)


見えないアメリカ (講談社現代新書 1949)


ヤバい経済学 [増補改訂版]


まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))


政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年


ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない) (朝日新書)


「みんなの意見」は案外正しい


ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!


The Age of Turbulence


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


グーグル革命の衝撃 (NHKスペシャル)


獄中記


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


ザ・ペニンシュラ・クエスチョン―朝鮮半島第二次核危機


Making Globalization Work


マサチューセッツ通り2520番地


フラット化する世界(上)


会社法入門


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


ビジネスは人なり 投資は価値なり―ウォーレン・バフェット


Mergers, Acquisitions, and Corporate Restructurings (Wiley Mergers and Acquisitions Library)


Corporate Governance


A Random Walk Down Wall Street: The Time-Tested Strategy for Successful Investing


Sales, Leases and Electronic Commerce: Problems and Materials on National and International Transact


The Chairman


A Window Across the River


Something Borrowed


Sisters-In-Law: an Uncensored Guide for Women Practicing Law in the real world (Sphinx Legal)


アメリカ大統領の英語―就任演説 (第1巻)


NHKスペシャル マネー革命〈1〉巨大ヘッジファンドの攻防


Corporate Finance


Commentaries and Cases on the Law of Business Organization


American Law In A Global Context: The Basics


実験国家アメリカの履歴書―社会・文化・歴史にみる統合と多元化の軌跡


アメリカ過去と現在の間


セント・オブ・ウーマン/夢の香り


東京タワー プレミアム・エディション


Esquire (エスクァイア) 日本版 10月号 [雑誌]


Gokutabi New York―行くたびに違う時間私のニューヨーク


JET STREAM NEW YORK SUCCESS STREET

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Raiders, Activist Fund, I-Bankers, and Lawyers

ちょっと前に、Corporate Raiderたちの活躍ぶりを紹介しましたが、90年代にTakeoverの資金調達を支えてきたjunk bond marketが崩壊したため彼らは一時期鳴りを潜めます。が、その後また復活し、90年代にはChapter11に入ったMarvel Entertainment Group.のReorganization Planをめぐって、Raiderの代表格ともいうべきIchanとPerelmanが激突します(詳しくは、Bankruptcy and Restructuring at Marvel Entertainment Group. Esty, Benjamin C.; Auerbach, Jason S. Case No. 9-298-059. Published 09/16/1997, Revised 07/02/1998. Harvard Business School Publishing)。
この間のエントリーの写真からも明らかな通り、代表的なCorporate Raiderはもうかなりいい歳をした初老のオッサンです。面白いのは、その後、彼らに続く若い世代のCorporate Raiderが登場していないということです。junk bond marketの崩壊の影響がそれだけ大きかったのか、それとも他に何か理由があるのか、興味深いところです。

Raiders, Activist Fund, I-Bankers, and Lawyers_e0036628_2384887.jpgところで、先日のWSJに、Activist Hedge Funds Win Fans on Wall Streetという記事がありました。
Activist Hedge Fundの代表的な戦術の一つは、発行済み株式総数の5パーセントに満たない数の株式を取得し(:Schedule13Dのファイリングを避けるため)、大量の株式保有を背景に会社経営にプレッシャーをかけRestructuringを迫り、経営陣がこの要求に耳を貸さない場合にはProxy Fightを仕掛けて自分の推す取締役候補を取締役会に送り込むというものかと思います。経営陣に対する要求として代表的なものが、(特別)配当の実施、自社株買い、不要資産の売却処分の方法による株主価値の実現化です。ところが、最近は10パーセント近くのstakeをとってかなりアグレッシブに経営陣に要求を突きつけるHFも多くなってきており、M&Aの主要プレーヤーになりつつあります。

このようなActivist Fundの要求は短期的なリターンのみを追及するものとして相手にされにくかったのですが、最近はウォール街にも認知されつつあり、その理由は、ずばり、投資銀行にとってのBusiness opportunityです。つまり、Activist Fundにアドバイザリー業務を提供すればその後のステージでも仕事が取れるということのようです(このあたりの事情はHarryさんのブログが非常に詳しいので、お読み下さい)。WSJの前掲の記事は、このActivist Hedge Fundが徐々にウォール街で市民権を得ていく過程を、80年代・90年代にCorporate Raiderたちがウォール街で市民権を得ていく過程になぞらえています。

さらに、投資銀行の他にActivist Hedge Fundへの対応を考えざるを得ないのが、コーポレート業務を取り扱う法律事務所・弁護士です。Activist Hedge Fundがプレイヤーとして台頭してきている以上は、従来のクライアントとの関係を見据えつつも、彼らを無視するわけにはいかなくなっているようです。もちろん、Wachtell, Lipton, Rosen and Katzなどの老舗系法律事務所は企業を防衛代理するのが基本姿勢ですので、Activist Hedge Fundを代理することはないような気がします。

かつてCorporate Raiderが登場した際も、老舗系ファームは、上場企業を中心とした大企業の取締役会を継続的に代理している関係で、Corporate Raider側に付くことを拒絶したという話を聞きます(ちなみに、アメリカでは取締役の信認義務や弁護士のコンフリクト・ルールの関係上、同じ企業でも、「取締役会」を代理することと、一定の取締役から成る「特別委員会」「独立委員会」を代理することの意味合いはまったく違います)。「あんな訳の分からんファンドに付くとは何事だ」とお叱りを受ける可能性があるわけですので、法律事務所としては慎重にならざるを得ないところです。

もっとも、Wachtell, Liptonも、もともとは企業買収側の代理をするところから事務所がスタートしていますし、法律事務所も合併しますから、数年先のことは誰にも分かりませんね。
先日は、Private Equityに関する業務が増えて法律事務所が陣容を拡大しているという記事がNYTimesに出ていましたし(Private Equity Lawyers in Demand)、やはりビジネスロイヤーもビジネスシーンの変容に対応せざるを得ません。今後はActivist Hedge Fundへの法律事務所の対応に関心が集まりそうです。
Raiders, Activist Fund, I-Bankers, and Lawyers_e0036628_239236.jpg

Lower Manhattan
by NYlawyer | 2006-05-11 02:40 | Law and Business